So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

戦時のフルトヴェングラー~ターラ編 [音楽]

この2日ほど雨と低温の日でしたが,今日は晴れ上がり気温も初夏を取り戻したかのような日曜日になりました。

4日前に外ヶ浜町蟹田の敬愛する先輩Kudoさんの訃報がもたらされ,金曜夜にお悔やみに伺い,昨日はお通夜,今日お昼にお葬式,Kudoさんにお別れしてきました。
私の公務員時代の大先輩であるKudoさんは,在職中から,山,海,川と私のアウトドアすべてのお師匠さんでした。お通夜の後も,ことあるごとに先輩を思い出し,山,海,川での思い出がつい昨日のように蘇ります。家族思いのKIudoさんのご冥福をお祈りします。丁度,今頃は今は亡きGakさんと三人でタケノコ採りに出かけたころです。

葬式から帰宅したところ,amazonから,「戦時のフルトヴェングラー~ターラ編」が届いていました。

戦時中のフルトヴェングラー.jpg


1942年から1944年まで,フルトヴェングラーがベルリン・フィルとウィーン・フィルを指揮した録音です。6枚組のCDですが,なんと言ってもこのセットの目玉は,いわゆる「ウラニア」版エロイカが比較的良好な音で聴けるところでしょう。

1944年12月19日または20日(定かではない),ウィーン「ムジーク・フェライン・ザール」収録の放送音源です。
ウラニアというのは,この音源をウラニア・レーベルとして,フルトヴェングラーの承諾なしに出回った海賊版です。
ウラニア盤は,私の20代のころ(50年も昔),数十万で取引されていたと言われていました。
この辺の事情は,前にも紹介しましたが,「クラシック名盤この1枚」で安本絃樹氏が詳しく書いています。

フルトヴェングラーの残した録音の中でも,特に名高いのがこのウラニア版「エロイカ」とバイロイトでの「第9」ではないでしょうか。
ウラニア版「エロイカ」は日本人の手でノイズや音質に加工を加えたCDが出ていますが,到底今回紹介したセットのCDに及ぶところではありません。
モノラルではありますが,音質は良好です。

フルトヴェングラーの自在のテンポとウィーン・フィルの重厚な音色,私が最も好むのは,第三,第四楽章の木管と,スピードを上げていきコーダを迎える巨匠の音楽に,決定版はこれだと言い切れます。

第2楽章の葬送行進曲は,敬愛するKudoさんに捧げます。


nice!(2)  コメント(0) 

母の日 [花]

我が家にとって歴史的な日になりました。

一人息子が特別な女性と巡り会い,先日婚姻届けを提出したのです。

そして13日日曜日,カミさんあてに東京からお花の宅急便,芍薬の花束でした。

芍薬3.JPG芍薬4.JPG

息子のお嫁さんからの花束,我が家にとって初めての出来事,カミさんはウルウルしていました。

戸籍を取ってみると,親子の戸籍から息子は消除されていました。なにやら感慨深いものがありました。



nice!(0)  コメント(6) 

眺望山2018.5.12 [花,トレッキング]

今日は土曜,土曜は眺望山。少し曇っていますが雨にはならないはず。
朝9時前に自宅を出発,今日は眺望山東口から頂上を越え西口に下りる予定です。

登山道脇には白や薄紫のミヤマカタバミがたくさん咲いていました。

ミヤマカタバミ1.JPGミヤマカタバミ2.JPG

里のカタバミよりも葉も花も大きい。
我が家の家紋は「亀甲剣方喰」,カタバミの葉に剣があります。

先週も先々週もツバメオモトを紹介しましたが,眺望山はツバメオモトの宝庫です。
山中どこを通っても,厚く大きな葉の中心に長い軸の白い花が見られます。
今日も気に入った株を紹介します。

ヒバ林をバックに可憐な姿が気に入りました。

ツバメオモト1.JPGツバメオモト2.JPG

ボンボンのような丸い花の固まり,秋に濃紺の実がどのようにつくのか?楽しみです。

ツバメオモト3.JPG

一山越えて,東口のベンチでお湯を沸かし,ドリップコーヒーにしました。

花の写真を撮りながら,たまに見つけたゼンマイを収穫し,半日の山歩きです。
8000歩くらい歩いているかな?遊びを兼ねた老人の健康の一環です。


nice!(0)  コメント(0) 

ミツガシワ 2018.5.9 [花]

地元紙の朝刊に「ミツガシワ」の記事が載っていました。
ミツガシワは,高山植物に分類されている水辺の花と理解していましたが,通り慣れている道路から500mほど山側に入った溜池に群生していました。

八甲田の毛無岱や睡蓮沼付近では1か月くらい先かなと思っていましたが,仕事の区切りがついた午後2時ころ車を走らせました。

見事なミツガシワの群生です。こんなに近い場所にあったとは!

ミツガシワ1.JPGミツガシワ2.JPGミツガシワ3.JPGミツガシワ4.JPGミツガシワ5.JPG

一月くらい後に八甲田でまた見てみたい。

この溜池にミズドクサ(水木賊)の目を瞠るような群生も見られます。

ミズドクサ1.JPGミズドクサ2.JPG

灯台下暗し,仕事のあとに心豊かになる光景が広がっていました。


nice!(0)  コメント(0) 

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2003 [音楽]

大型連休が終わりました。毎度のことながらUターンラッシュで,お出かけの方は大変だったようです。我が家のゴールデンウィークは,遠出することもなく,仕事から解放されて山歩きと音楽で終始しました。

そこで,聞いて視たものは,DVD「ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2003」でした。
ベルリン・フィル2003年ヨーロッパ・コンサート.jpg


今回は,「ブーレーズ三昧」の番外編のようなものですが,2003年のベルリン・フィル・ヨーロッパコンサートのライヴです。
ブーレーズのライヴ映像とあれば見逃すわけにいきません。
「ブーレーズ三昧」にもベルリン・フィルを指揮した録音はありましたが,今日は,ベルリン・フィルとのポルトガル・リスボンの「ジェロニモス修道院」のコンサートです。

目玉は,これまでブーレーズの指揮では聞いたことのない,モーツァルトの作品を指揮することとソリストにリスボン出身のマリア・ジョアオ・ピリス(ピレシュ)を迎えることでしょう。
そして,完成に100年をかけた世界遺産「ジェロニモス修道院」の建築物そのものにも目を奪われます。

演奏されたのは,①ラヴェル「クープランの墓」,②モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番」,③バルトーク「管弦楽のための協奏曲」,④アンコール,ドビュッシー「夜想曲」から「祭」。

モーツァルトを除けば,ブーレーズ三昧で聞いたものばかりですが,ライヴ映像とあればまた格別です。
かつて見た「春の祭典」を指揮したコンサートの姿と同じく,ブーレーズは指揮棒を持たず眼光鋭いものでした。

リスボンの至宝,マリア・ジョアオ・ピリスを迎える騒然とした聴衆の反応に驚かされます。
モーツァルト弾きとしても著名なピリスのモーツァルトピアノ協奏曲第20番は,第1楽章の長いカデンツァでは,ブーレーズが聞き入っていました。
この曲は,ベートーヴェンやブラームスも気に入っていたようで,二人のカデンツァも残されているようです。
コンサートでは,ベートーヴェンの作曲したカデンツァで演奏されたようです。
鳴りやまぬ拍手とスタンディングオベーションが修道院を包みます。

ラヴェル,バルトーク,ドビュッシーは,ブーレーズにとって十八番。ラヴェルの作品は,クリュイタンスの指揮したものも愛好していますが,ブーレーズの怜悧とも思える演奏も好みです。
これらの作曲家にストラヴィンスキーを加え,これからは,ブーレーズだけでいいかなと思っています。

このコンサートの演奏曲すべてが好きな曲ですが,バルトークが終わると,モーツァルトと同様,割れんばかりの拍手とスタンディングオベーション,指揮台からブーレーズが聴衆にアンコール曲を伝え,ドビュッシーが始まります。
曲が終わると,また,とどまることのない拍手とブラヴォーの嵐。

近年,音楽界には,マリア・ジョアオ・ピリス(ピレシュ)が演奏活動をやめるというニュースが駆け巡りましたが,今年,4月に来日公演を開いているようです。
細身の美女が故国でモーツァルトを弾きながら,時折,笑みを漏らしていました。


さあ,今日から,仕事が始まります。




nice!(0)  コメント(0) 

山桜とツバメオモト2018.5.4 [花,トレッキング]

山桜4.JPG
ゴールデンウィーク後半,雨続きです。
4日朝雨,外出を諦めていたところ,9時過ぎに雨がやみました。急いで眺望山行きを決意し,眺望山登山口到着10時。まだ小雨でした。

山桜1.JPG
山桜2.JPG山桜3.JPG

里は葉桜ですが,山桜満開です。雨後の桜の匂いがします。

湿った山道を歩く。ヒメアオキの花。
アオキ2.JPG

ヒメホテイランが終わり,山は静かになりました。
登山道にツバメオモトの白い花をたくさん見ることができます。

ツバメオモト1.JPGツバメオモト2.JPGツバメオモト3.JPGツバメオモト4.JPGツバメオモト5.JPG

昨日は6~7キロ歩きましたが,今日は体を休め,ブーレーズとマリア・ジョアン・ビリスのライヴDVDを楽しむことにします。後日,感想を書きたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

ブーレーズ三昧そしてオーディオ [音楽]

ゴールデンウィーク後半の1日目は朝から雨,眺望山に行かず,CDを聞くことにしました。
NHKラジオでたまに企画している,「今日は一日〇〇〇三昧」の真似をすると,さしずめ「今日は一日ブーレーズ三昧」でしょう。

2016年1月5日に亡くなったピエール・ブーレーズの3つのコンプリートセットを集中的に聞いてみます。いずれも,20世紀の偉大な作曲家の作品です。

◎1,ストラヴィンスキー
ブーレーズ/ストラヴィンスキー.jpg

◎2,ドビュッシー,ラヴェル
ブーレーズ/ラヴェル,ドビュッシー.png

◎3,バルトーク
ブーレーズ/バルトーク.jpg


ピエール・ブーレーズは,1925年フランス生まれの作曲家,指揮者ですが,2016年1月に亡くなりました。
私がブーレーズの名を知ったのは,彼がバイロイト音楽祭で「ニーベルングの指輪」を振ったころで,その後,ストラヴィンスキーの「春の祭典」やベルリオーズの「幻想」のLPを購入し,ファンになりました。

ブーレーズはその後ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督を務めましたが,四十数年前,バーンスタインと共にニューヨーク・フィルを率いて来日した演奏会で,「春の祭典」を聞いています。
比較的小柄で指揮棒を持たないNHKホールの指揮ぶりが,今も目に焼き付いています。

改めてストラヴィンスキーを聞きなおしてみると,ダイナミズムとリリシズムが巧みに絡み合って比類稀な音楽を作っているのがわかります。創造と革新の結晶ではないでしょうか。
どの作品を聞いても同じ傾向はありません。特にこのCDセットには独唱,合唱曲が収録されているのでこれまで聞いたことのないストラヴィンスキーの世界に触れることができました。

ラヴェルとドビュッシーは,一聴して,ストラヴィンスキーやバルトークよりも耳に馴染みやすいと思われますが,それ以前の古典音楽と一線を画しています。
どの作品も素晴らしいのですが,例えば,ラヴェルのピアノ協奏曲ト調の出だしの鞭の音,このような曲があったでしょうか。そして左手のためのピアノ協奏曲,右手の使えない人のために書いた曲ですが,名曲です。

バルトークは,ハンガリーからアメリカに渡りアメリカで生涯を終えた作曲家です。
ヴァイオリンの奏法でバルトーク・ピチカートを考案したことでも知られています。
バルトークは,祖国ハンガリーの伝承音楽を基に曲を作っていますが,アメリカでの病気や生活を助けようと,クーセビツキーやフリッツ・ライナーが手を差し伸べたことでも有名です。
そのような中で作曲されたのが「管弦楽のための協奏曲」だと言われていますが,管弦楽のための曲では,ほかに「中国の不思議な役人」「弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽」が有名ですが,ピアノ協奏曲,ヴァイオリン協奏曲も緊張感とユーモアを併せ持った曲揃いです。
オペラ「青ひげ公の城」ではジェシー・ノーマンの立派な体躯から放たれる声は圧巻です。


音楽の世界で,20世紀の最高傑作は,バルトークの「管弦楽のための協奏曲」か,ストラヴィンスキーの「春の祭典」か,ということを言われることがあります。
いずれでしょうか?
音楽界に衝撃を与えたという点では,ストラヴィンスキーでしょう。
しかし,総合的管弦楽曲の見地からはバルトークと言えなくもありません。


今朝から雨になったので,朝からブーレーズ三昧の一日になりましたが,最近,新しいSACDプレーヤーを導入したので,体験的活用を報告させていただきます。

①オーディオは,音楽のしもべである。
若い頃からオーディオには興味があり,贅沢してきましたが,この年齢になってようやく到達した確信です。なんのそんなこと当たり前ではないかお叱りを受けそうですが,音楽無くして音響などあるものかと思いながら,毎日のようにCDやLPを聞いています。オーディオ偏重はいけません。
②音量について
最近,音量を少し上げて聞いています。カミさんと二人暮らしで,しかも,1階の事務室に隣接してオーディオ装置があるので,音量を上げても支障がありません。
少し音量を上げると,これまでわからなかった音が出てきます。これによって,曲の深さや広がりが見えてきて,納得させられることしばしです。
家族内で叱られないように道楽を楽しむようにしたいものです。

ゴールデンウィーク後半の初めに,雨のために自宅に籠って,好きなブーレーズの演奏について長くなりました。良い休日をお過ごしください。



nice!(0)  コメント(0) 

八重紅枝垂れ [花]

今日から5月,4月最後の昨日はプラス26度,暑い1日でした。
ゴールデンウィーク初めの3日間が終わり,私は,1日,2日の仕事の後,3日から長い連休が待っています。

あっという間の桜は早や葉桜となりました。

現在花が咲いているのは,自宅を新築した時に植えた「八重紅枝垂桜」ピンクの八重の桜が地面に向かって咲いています。
半逆光の陽光が花びらを透かしていました。

八重紅枝垂2.JPG


八重紅枝垂1.JPG


八重紅枝垂の後は2週間ほどでマルメロが咲きます。



nice!(0)  コメント(0) 

眺望山2018.4.28 [花,トレッキング]

今日から大型連休の始まり,とりあえず私は土,日,月の三連休です。
「三日見ぬ間の桜かな」のとおり,梅,桜,木蓮はあっという間に散りました。
我が家に咲き残っているのは,薄いピンクの枝垂桜,いつまで持つのやら。

三連休初日,とにかく眺望山です。ヒメホテイランのその後が気になりました。
三週連続で眺望山に出かけましたが,まだ,ヒメは健在でした。

朝9時に東口駐車場に到着。鉄人の車がありました。登山道には雪がほとんどありませんでした。

ツバメオモトが花開いておりました。これからあちらこちらでツバメオモトの白い花が見られるでしょう。ツバメオモト.JPG

頂上に鉄人がおりました。昨年11月下旬以来の眺望山での再会です。
コーヒーを沸かし,塩羊羹を食べてコーヒータイム,そして,ヒメホテイラン探索開始です。

一つ,二つ見つけ足を伸ばし,今日は10株ばかり対面したでしょうか。西口に向かい,そして中央口に下りました。
風が強くピントが合わせにくく,その中から,今日のヒメをどうぞ。

ヒメホテイラン1.JPG
ヒメホテイラン2.JPG
ヒメホテイラン3.JPG
ヒメホテイラン5.JPG
ヒメホテイラン4.JPG

3日からの連休にも来たいと思っていますが,ヒメは待っていてくれるか?

今日の眺望山は西風が強くて,花にピントが合いにくく,人間は風のせいで,汗をかくほどではありませんでした。

三連休ということで,眺望山はヒメホテイラン目当ての登山客が多数訪れていました。
皆さん見ることができて良かったですね。


nice!(0)  コメント(0) 

レナード・バーンスタイン/マーラー「交響曲第9番」 [音楽]

大作,マーラーの交響曲第9番です。
今回聞いたのは,1974年10月4日バーンスタインが生涯でただ一度ベルリン・フィルを指揮したライヴ録音です。

バーンスタイン/マーラー9番.png


生前完成されたマーラーの最後の交響曲を,生涯一度のベルリン・フィルと共演したバーンスタインの一期一会の名演です。
作曲家であり指揮者であったマーラーの最後の交響曲を,同じ作曲家であり指揮者であったバーンスタインが指揮するというのですから聞かないわけにいきません。

この演奏を,安本絃樹氏が光文社「クラシック名盤この1枚」という知恵の森文庫で熱く語っております。
巷間,カラヤンとバーンスタインは仲が悪かったというという話がありましたが,帝王カラヤンは,バーンスタインにベルリン・フィルの指揮の機会を与えなかったというのは本当らしいのです。
このCDで聞くことのできる演奏は,1974年10月のベルリン芸術週間にこの催しの総裁が招いたもので,収益はアムネスティ・インターナショナルに寄付されたのだそうです。

バーンスタインはベルリン・フィルに厳しい要求を出し続け,その結果がこのCDに表れていると私は感じ取りました。
ベルリン・フィルの著名なクラリネット奏者カール・ライスターは「オーケストラは彼の足下にひれ伏した。」と著作で述べているようです。

カラヤンは,ドイツ・オーストリアの人,対するバーンスタインは,ユダヤ系アメリカ人。ナチスとの関係をささやかれるカラヤンは,ユダヤ系のバーンスタインを受け入れられなかったのではないかと私は勘ぐっています。

演奏の最後,第4楽章の「アダージオ」が消え入るように終わりますが,この楽章だけでもこのコンサートのすばらしさを実感するでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る