So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ニッコウキスゲとヤマボウシ [花,トレッキング]

6月もあと1週,低山の花は春から夏へと交代の時期です。

土曜は,田代平湿原に出かけましたが,ワタスゲも終わりを迎えていました。そして,ニッコウキスゲも終期です。一斉に咲いていたニッコウキスゲも1本,2本とわずかに残っています。

ニッコウキスゲ1.JPGニッコウキスゲ2.JPG

八甲田の残雪も少なくなりました。湿原には,1,2週間でトキソウ,そして,カキランが咲きます。
湿原.JPG

明けて日曜,朝,眺望山に向かいましたが,津軽半島を北上するバイパスの街路樹ヤマボウシが咲いています。雪でも降ったような白に覆われています。
今日は眺望山の花ではなく,途中のヤマボウシ(山法師)の姿を紹介します。
ヤマボウシ2.JPGヤマボウシ1.JPG
IMG_0738.JPG

桜が終わった後に咲くハナミズキと花が似ていますが,ヤマボウシは秋ピンクの実がつきます。
ハナミズキをアメリカヤマボウシと呼ぶようです。

青森も梅雨入りし,昨日,今日と暑い日が続いています。


nice!(4)  コメント(0) 

スカシユリ [花]

当ブログを開設して間もないころ,津軽半島北部,陸奥湾に面している東津軽郡今別町の「高野崎」に自生する「スカシユリ」を紹介したことがあります。
時期も今頃,気になっており車を走らせました。

高野﨑は,若いころ,勤務先の夏キャンプで訪れたことがあり,釣りにもよく来ました。
陸奥湾に突き出た断崖に,初夏,スカシユリが咲きます。
スカシユリは日本原産の自生種で,赤橙色に赤褐色の斑点があり,大きな花が上向きに花開きます。

時期は遅かったもののスカシユリを見ることができました。

スカシユリ7.JPGスカシユリ6.JPG
垂直断崖.JPGスカシユリ4.JPGスカシユリ3.JPGスカシユリ2.JPGスカシユリ1.JPG
断崖のオレンジの点はスカシユリです。

高野﨑
高野崎.JPG

白い花はノイバラ
ノイバラ.JPG

スカシユリのそばの岩の小鳥 名は不明です。
小鳥.JPG

北は竜飛岬 この先は北海道ですが,かすんでいます。
竜飛岬.JPG

仕事の合間をみて,1時間半,車を走らせました。いつものことです。


nice!(0)  コメント(0) 

二人静…2017.6.18 [花,トレッキング]

土曜は岩木山にミチノクコザクラを見に出かけたので,眺望山へは日曜になりました。

つい早く歩くのが身についていますが,さすがに岩木山に出かけた翌日では,少し足にきています。

しばらく目を楽しませてくれた,ベニバナイチヤクソウ,ギンランも終わりました。
エビネの大株も,花が終わっていました。

イチヤクソウの群落はまだ花が健在,来週までもつかな。
イチヤクソウ.JPG

フタリシズカの二本の花の柱
ヒバ林を背に静かにたたずんでいます。
フタリシズカ1.JPGフタリシズカ2.JPGフタリシズカ3.JPG

好天の日曜日,意外にも頂上は私一人。コーヒーを沸かし,塩羊羹スティックで一人茶会。
足に大した疲れもなく二日連続のトレッキングも快調でした。




nice!(0)  コメント(0) 

ミチノクコザクラ…2017.6.17 [岩木山]

今年も郷土の守護神「岩木山」を訪ねる時期になりました。
自宅出発9時,曇り空で岩木山はまったく見えません。
毎年,岩木山を訪れていますが,里は曇っても,山は雲の上ということが多く,おそらく雨ということはないだろうと,自信のようなものがありました。問題は岩木山の残雪です。

天気は良好。山頂は薄い雲が流れています。
山頂.JPG

八合目に到着すると,リフトを利用する前に見る場所があります。
駐車場奥に小山があり,その周りを一当たり点検します。
まだハクサンチドリは咲き初め。
ハクサンチドリ2.JPGハクサンチドリ1.JPG

ピンクのイワカガミ
イワカガミ.JPG

ノウゴウイチゴが一輪,普段見るイチゴの花弁は5枚ですが,この花は7,8枚,7月ころ頂上に向かう岩の隅にノウゴウイチゴの赤い実が見られます。イチゴの甘さに力がつきます。
ノウゴウイチゴ.JPG

今頃はいつ来てもゴゼンタチバナが咲いています。八甲田も登山道にたくさん咲いています。
高貴な名前です。
ゴゼンタチバナ.JPG

岩木山はその名のとおり,頂上に近くなるにしたがって,火山の噴出した大きな岩を目にし,上るためには大小の岩をぬって上ります。
ひときわ大きな,その名も大倉石。そのような名がついています。
大倉石.JPG

残雪がまだたくさん残っていました。
残雪.JPG

ミチノクコザクラを見る指定席は,鳳鳴ヒュッテから百沢登山道を下って間もなくの「種蒔苗代」,残念ながら残雪に覆われていました。昨年6月中旬来た時も雪はこのような状況でこの雪渓を歩いて下まで行こうとしたところ,雪渓の下まで一挙に滑りました。今年はそのようなことをせず,コザクラは,登山道脇にある花を撮ることにしました。
種蒔苗代.JPG

ミチノクコザクラの最盛期は,ミヤマキンバイも盛りです。まだまだ咲き出しますが。たくさんの黄色の花が岩の間に咲いています。
みやまきんばい2.JPGミヤマキンバイ1.JPG

そして,ミチノクコザクラです。どうぞ。
ミチノクコザクラ2.JPGミチノクコザクラ1.JPGミチノクコザクラ4.JPGミチノクコザクラ3.JPG
岩木山の雪と風雨にさらされながらも,この岩木山固有種は毎年,この姿を見せてくれます。
岩木山に来なければ見ることができないミチノクコザクラに,今年もまた会うことができました。
7月にもう一度来たい。

登山道の下りで,大きな岩の上部に白い花が見えました。イワウメ(岩梅)です。
岩の割れ目に根を張り,梅のような白いを咲かせている矮小の木だそうです。
近づいて接写しようにも高くてカメラが届きません。
イワウメ2.JPG
イワウメ1.JPG
毎年歩く道ですが,少しの時期の違いで,異なる花を目にすることができます。
自然の恵みはありがたい。


nice!(0)  コメント(0) 

ギドン・クレメル/バッハ・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ1~3番 [音楽]

しばらく「夜明けのジャズ」で,気にいった手持ちのジャズレコードをかけて,やっぱりいいなと実感したもの,あまり感動が甦らなかったものもありましたが,マイルス・デイヴィスを何枚か連続して聞いて,マイルスの持つ力に打ちのめされました。
ジャズのLPはまだ取り上げなければいけないものがありますので,少し休んでまた再開します。

これまでの間のインター・ミッションでもありませんが,マイルスを聞いた後,ギドン・クレメルを聞きたいと思いました。
ギドン・クレメル.JPG
1975年9月,メロディア原盤です。
バッハの無伴奏は,後年ドイツのECMにも録音しており,そちらの方はCDを持っていますが,私の耳には甲乙つけがたし,同一人の演奏ですからそうなるはずです。

午前中で今週の仕事は終わりにしました。今週は,会社設立のために電子定款の段取りで老人の委縮し始めた脳細胞を酷使しましたが,今朝一番で法務省のサーバーに送信終了,ほっとして,ギドン・クレメルを聞こうかということになったわけです。

針を下し,パルティータ1番が始まりますが,アナログ盤の冴えた響きに体が硬直するほど。
バッハの無伴奏といえば,20代のころは,ヘンリック・シェリングがFM放送から流れていました。
このLPを購入したきっかけは思い出せませんが,久しぶりに聞いたクレメル盤に引き込まれました。「シチリアーノ」だけでなく,すべて素晴らしい!

今年9月,来日し,読売日響と共演するようで,聞きに行きたいと思っています。
同年の天才を聞かなければ。






アナログは素晴らしい!かつて,ヘンリック・シェリングも聞きましたが,クレメルは鬼才,天才
だと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

ワタスゲ2017.6.11 [グダリ沼と田代平湿原]

天候不安定なこの頃です。
昨日土曜は,朝,土砂降り,今日は天気がもちそうなので,八甲田山中,田代平湿原に出かけました。

湿原では,ショウジョウバカマ,ヒメシャクナゲは終わったでしょう。最後を見届けなければ次に踏み出せないような気がしてでかけました。
雨が上がったせいか,駐車場にはこれまで見たこともないような数の車です。

湿原は,レンゲツツジが咲き,ワタスゲが白い小さな綿毛を風で揺らしていました。

IMG_0612-001.JPG

木道の両側と湿原にワタスゲの綿帽子。

木道2.JPG木道1.JPG
ワタスゲ1.JPGワタスゲ2.JPG

湿原に至る道端のホウチャクソウも花が終わり,実をつけています。
一株まだ花をつけていました。
ホウチャクソウ1.JPGホウチャクソウ2.JPG

その近くにツマトリソウ。ツマトリとは言っても,妻を娶るではないようです。

IMG_0623-001.JPGIMG_0625-001.JPG

田代平湿原の次の花は?ラン科のトキソウか?カキランか?
楽しみは尽きることがありません。
nice!(0)  コメント(0) 

マイルス・デイヴィス/サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム [夜明けのJazz]

しばらくぶりの夜明けのジャズです。
梅雨近いのか,晴れの日が二日と続きません。
昨日晴れたのに,今日土曜は雨です。
雨は嫌いではありません。雨の日外の音を気にせず,レコードを聞き,本を読む。
しかし,山の花も気になります。

今朝の1枚は,マイルス・デイヴィスの「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」です。
マイ・プリンス・・ウィルカム.JPGIMG_0579.JPG

以前にも紹介した「イン・ブラックホーク」「ESP」,そして本盤のLPジャケットにマイルスの当時の夫人の写真が大きくデザインされています。
ジャケットを手に取ると,彼女の大きな瞳に吸い込まれそうになります。

CBS1961年10月11日録音,マイルス・デイヴィスtp,ジョン・コルトレーンts,ハンク・モブリーts,ウィントン・ケリーp,ポール・チェンバースb,ジミー・コブds

マイルス・デイヴィスは,ジョン・コルトレーンが抜けた後,ハンク・モブリーをテナーサックスに据えて数多く録音していますが,この録音はどのような意図があったのでしょう。
ここでは,ソフトなハンク・モブリーのtsに対比するようなコルトレーンのtsが聞かれます。
LP1曲目のタイトル曲では,マイルスのミュートtpのあと,ハンク・モブリーのts,コルトレーンの唸りを上げるtsが出てきます。魅力的です。

ピアノは,ハービー・ハンコックと組む前のこの時期,ウィントン・ケリーが如何なく,ケリー節とでも言えるようなタッチを聞かせてくれます。

とりあえず今回で,大分続いたマイルス・デイヴィスのLPを終わりにします。
私の好みのマイルス3枚は,「ラウンド・アバウト・ミドナイト」「カインド・オブ・ブルー」そして「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」です。

ビル・エヴァンス,ウィントン・ケリー,いずれも甲乙つけがたし。


nice!(0)  コメント(0) 

雨の薔薇2017.6.8 [花]

春薔薇の季節になっていることをすっかり忘れていました。
薔薇の季節といえば5月ですが,山の花に集中し,好きな春薔薇が咲いているのを忘れていました。

得意先の銀行の帰り,雨の中の白と薄いピンクの薔薇を見て,近くのお宅の薔薇を撮りました。
雨の中,急いで撮った薔薇の花,まずい写真をupします。

雨の薔薇もいいですが,青空をバックにした薔薇も好みです。
これから挑戦してみます。

雨の薔薇2017.6.8.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

イチヤクソウ開花 [花とトレッキング]

今日は週の真ん中,午前中に仕事が片付き,昼から眺望山に出かけました。
曇っていましたが,雨の確率は低いので,軽装で歩き始めました。

おそらくベニバナイチヤクソウは終わりかなと思っていたら,前回,蕾が残っていた花の軸すべてが開花し,散らずに残っていました。

ベニバナイチヤクソウ1.JPG
ベニバナイチヤクソウ2.JPGベニバナイチヤクソウ3.JPG

すぐそばにイチヤクソウの群落がありますが,こちらも開花が始まりました。
イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPGイチヤクソウ3.JPG

ギンランもまだ健在です。その一株です。
IMG_0565.JPG

4週間ほど前,西口登山道の6合目近くにヒトリシズカがたくさん咲いていましたが,東口からの頂上近く,フタリシズカが蕾を見せています。ヒトリシズカは堂々としていますが,フタリシズカはひっそりと控えめ,もう少し成熟します。
フタリシズカ.JPG


仕事が暇な時は,仕事に影響のないように,体を鍛えると称して山を歩いています。


nice!(0)  コメント(0) 

アズマギク2017.6.4 [花]

ここ数日,梅雨のような日が続いています。
雨が続き,今日の気温は最高気温14℃,萱野高原は10℃。

アズマギクの姿が少なくなったと言われて久しいのですが,八甲田の入り口「萱野高原」は,今が盛り,たくさん咲いています。

霧の萱野高原に出かけました。6月というのに肌寒く,パーカ着用の上,アズマギクを見ました。

アズマギク(東菊)
向こうの芝の上に紫が見えます。アズマギクです。
アズマギク1.JPG
アズマギク2.JPG
アズマギク3.JPG


ノハナショウブを探しましたが見えませんでした。まだ早いかな。

明日も雨の予報です。梅雨寒のような天気が続くのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る