So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

カキラン2019.7.21 [グダリ沼と田代平湿原]

夏の暑さがやってきました。
久しぶりに昨日土曜はのんびりしていたので,日曜の今日は,八甲田山中,田代平湿原に出かけました。

一週間前は,ヤマセが強く霧雨の中,田代平湿原はびしょぬれで狙っていたカキランには会えずじまいでした。
今日こそはと意気込んで臨みました。

先週まで見えていたトキソウはなく,キンコウカが多くみられるようになりました。田代平湿原も夏到来です。
カキランの姿が見えました。カキランは,ここ田代平湿原の代表選手です。

カキラン2.JPGカキラン1.JPG

左キンコウカ,右カキラン
キンコウカとカキラン.JPG

田代平湿原の濃紺の花と言えば,タチギボウシとサワギキョウですが,タチギボウシが見え始めました。暑くなると,タチギボウシとこれからサワギキョウが咲き始めます。

タチギボウシ.JPG

白い小さな5弁の花,モウセンゴケです。コケと名付けられていますが,食虫植物です。
小さくてかわいい。

モウセンゴケ.JPG

田代平湿原には池塘がたくさんありますが,近くの開拓農家が植えたスイレンが花をつけています。スイレンのそばに黒く細長い茎が見えますが,フトイです。太いイ草の意でしょう。池塘にはたくさん生えています。

スイレン.JPG

カキランは咲き始めです。これからたくさん咲くでしょう。
また来ます。


nice!(0)  コメント(0) 

夏の蘭と薔薇 [花]

7月も残すところ2週間,今日は蒸し暑い梅雨ど真ん中という気候です。

わが友キノコ名人は,山菜採りの達人ですが,花を愛する人でもあります。

春薔薇最後の紅の薔薇,これが終わると薔薇は秋までのお楽しみ。
我が家にも大きな鉢を持ってきてくれました。
季節の終わりの薔薇をどうぞ。

最後の薔薇.JPG


いつもの山道ではエビネ,ギンラン,分け入ると春蘭など蘭科の花を見ることができます。
しかし,この美しい,上品な貴婦人のような花は見たことがありません。
夏エビネの姿をご覧ください。

夏エビネ.JPG


今日は,会社設立を初め会社の登記4件,相続登記1件を片付けたので,今週の仕事は終わり。
あすは,平日,山歩きでもしたい。



nice!(0)  コメント(0) 

眺望山2019.7.14 [花,トレッキング]

今日は海の日,明日は代替休日で三連休です。
昨日は,キノコ名人に誘われ山菜のミズ採り,今日は同一方向の眺望山山歩きです。

今日は25℃くらいの予報で山を歩くには少し暑いくらい,これからの山歩きは汗をかきながらになります。
1週間ぶりの眺望山ですが,山の花はどうなったか?

眺望山は,ツバメオモトとイチヤクソウの山とも言えます。
眺望山は,一年中花の移り変わりを楽しめますが,特にこの二つはこの山の至る所で目にします。

今はイチヤクソウの最盛期,登山道の両側に,梅の花に似た五弁の花が下に向いて咲いています。
イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPG

帰り道,4,5本まとまって咲いていました。
イチヤクソウ3.JPGイチヤクソウ4.JPG

頂上でお湯を沸かし,一人でコーヒータイム,鉄人と会いたいな。
鉄人の好きなツルリンドウ(蔓竜胆)が間もなく咲きそうです。
眺望山では,枝に蔓を巻きながら咲いているこの花を見ることが少ないのですが,しばらくすると見られるかもしれません。
ツルリンドウ1.JPGツルリンドウ2.JPG


帰りには日が当たり,汗をかきました。


nice!(0)  コメント(0) 

マタタビ2019.7.10 [花]

7月に入ったと思ったらもう10日。青森市では夜,ネブタ囃子の稽古の音が聞こえています。
間もなく,ネブタ祭りです。

7月10日が過ぎるとマタタビの開花です。どういうわけかマタタビの花が好きで,毎年花が見られる外ヶ浜町蟹田に行きたくなります。猫にマタタビ,まるで猫ですね。
しかし私は猫好きではありません。
NHK・BSでしょっちゅう猫番組が放映されますが,たまに犬の番組にしたらと文句を言っています。

午後から外ヶ浜町蟹田に用事があったので,マタタビの具合を見てきました。
毎年,この時期に狂いはありませんでした。

水が滴るような梅に似た5弁の花,山に入るとどこにでもありそうな花ですが,この時期になると吸い寄せられます。

マタタビ2.JPG

マタタビ4.JPG

マタタビ1.JPG

マタタビ3.JPG

里もアジサイの季節ですが,山も,青紫のエゾアジサイが咲いています。
そろそろ夏か?と実感させられます。

エゾアジサイ1.JPG

エゾアジサイ2.JPG

青森市の北,津軽半島を北上すると,「東津軽郡蓬田村」「東津軽郡外ヶ浜町」「東津軽郡今別町」と進み,龍飛岬に至るのですが,この3町村に司法書士はおりません。
今日,外ヶ浜町まで出かけたのは,相続登記を依頼され,成果品をお届けしたのです。
ひまな司法書士で自称「出前司法書士」ですから,できるだけ出かけて行って,司法書士過疎を軽減させたいと考えています。イワナ釣り,鮎釣りで長年通った道ですから,苦にもなりません。
花も見られることですから。

nice!(0)  コメント(0) 

田代平湿原2019.7.7 [グダリ沼と田代平湿原]

今日は七夕,今年も半分過ぎたのですね。
昨日土曜は,眺望山トレッキング,いつも頂上でお会いしていた鉄人は,運転免許を返上したというので山には来ていませんでした。
一人だけでコーヒータイムというのも気が進まず,そそくさと山を下りました。
考えてみれば,眺望山トレッキングを始めた当初は,一人でコーヒーを沸かしていたのだから,そのうちに始めることになるでしょう。

さて一夜明けて,今日は七夕,八甲田山中「田代平湿原」に出かけて,夏の高山植物を見ることにしました。里は24,5度,湿原入り口は16度,霧が流れていました。

霧が流れて,湿原の植物には水滴,雨は写真日和とは先輩のお話ですが,良い日に来ました。トキソウ(朱鷺草)の季節がやってきました。

トキソウ1.JPGトキソウ2.JPG
トキソウ3.JPG

トキソウの隣のサワラン(沢蘭)

サワラン.JPG

木道の行く手にニッコウキスゲがまだ残っていました。

ニッコウキスゲ.JPG

これからの湿原は,夏の植物の季節です。あと10日もすればカキラン(柿蘭)が咲き始めるでしょう。楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

はた善2019.7.3 [食]

7月に入りました。西の方では大雨で災害が出ています。
毎年梅雨の時期は,洪水の被害が出ていますが,近年とみにこのような事態が多発するようになったのではないでしょうか。温暖化による気象の変化なのか。

昨日は,久しぶりに仙台からmidoriさんが来青しました。
つもる話もあり,夜,いつものように「はた善」に。前回お出でになったのは3月上旬だったか,まだ雪のある季節でした。

ビールと突出し
とりあえずビール,突出しは,ホヤ,キノコの煮物,青森産モズク,ツブ貝
ビールが気持ち良い季節になりました。
突き出し.JPG

お造り
本鮪,ソイ,アイナメ炙り,ヒラメ,ブリ,活,生ウニ
すべて青森県産,本鮪は脂が乗っていて美味しかった。ウニも甘い。
持参したワイン・バローロに切り替えました。
お造り.JPG

フジツボ
岩についているフジツボは甲殻類の味,いつごろから食べるようになったのか,昔,若いころは食べた記憶がありません。スープも美味しい。
フジツボ.JPG

真鯛のカブト焼き
頭を半割にし,西京みそに漬けたようです。見るからに圧巻です。
真鯛カブト焼き.JPG

フグ唐揚げ
青森県でもフグは採れます。しかし,数が少ないのでフグ料理専門店はあまりありません。
鶏の唐揚げよりも淡白かな。
フグ唐揚げ.JPG

締めは帆立雑炊としじみ汁
満腹になりました。
ホタテ雑炊としじみ汁.JPG

まだ時間も早いので,最近のコースは,jazzバー「ピア」のJBLパラゴンでジャズを聞きながらスコッチを1,2杯,これが決まりになりつつあります。

パラゴンでバッハ
アメリカの若いヴァイオリニスト「ヒラリー・ハーン」と「ギドン・クレーメル」のバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータを聞きました。
若いハーンをうなりながら聞き,巨匠クレーメルの弓の冴えを改めて実感しました。

パラゴンで聞くバッハも素晴らしい。
青森の魚を味わい,締めはバッハ。夜も更けました。


nice!(0)  コメント(0) 

東京日記2019.6.28 [東京日記]

ひと月前に上京しましたが,また東京にでかけました。
今回の目的は,上野・国立西洋美術館で開催されている,「松方コレクション展」でした。
東京の美術館はいつ行っても混雑しているというのが私のイメージです。
それでは,平日に出かけようと,平日仕事を一日休んでのことでした(しかし,抱えている仕事をそのままにしたわけではありません)。

世界遺産「国立西洋美術館」の収蔵美術品の母体となったのが松方幸次郎のコレクションということは世に知られたことですし,国立西洋美術館開設60周年事業として松方コレクション展の開催については,NHK・BSでも放送されました。

入り口に立つコレクション展看板 看板の右奥に見えているのが,ロダンの「地獄の門」
松方コレクション展.JPG

前庭の彫刻群
カレーの市民(ロダン)
カレーの市民.JPG

弓を引くヘラクレス(ブールデル)
弓を引くヘラクレス.JPG

考える人(ロダン)
考える人.JPG


数えきれないほど国立西洋美術館には足を運んでいますが,訪れるたび,松方幸次郎の西洋美術の収集と,第二次大戦後,戦勝国フランスと敗戦国日本との海外資産である美術品の返還交渉や,フランスが日本に課した返還の条件に思いを馳せるのです。
フランスは,返還する美術品を収蔵する施設建設を条件とし,日本はル・コルビジエ設計による「国立西洋美術館」を建設したのでした。

松方が購入した絵画の中でも,フランスから返還されなかったものが数点あります。
その一つ,ゴッホの「アルルの寝室」(オルセー美術館)
アルルの寝室・ゴッホ.jpg
おそらく,フランスの宝として,日本に渡したくなかったのでしょう。この絵も今回の展覧会に出展されています。

松方は,モネとも親交を結び,「睡蓮」も西洋美術館で見ることができます。
睡蓮・モネ.jpg

ここの美術館は,入館料がとてもお安い。常設展は,大人の入場料500円,65歳以上は無料です。
また学生は,ほとんど無料です。
上野の公園口を出てすぐですから,少し時間があれば,休憩がてら利用できます。


◎番外編
竹葉亭の鰻
いつも浅草泊まりで,夜は寄席というのが私の行動パターンですが,食は,お腹と舌のおもむくまま出かけます。
久しぶりに鰻にしました。東銀座「竹葉亭本店」,老舗の鰻屋さんです。

シモツケ.JPG鰻.JPG

そっと置いてある花瓶にシモツケと笹,竹葉亭に因んで笹ということか。
そして鰻,こちらでは,鰻重はなく鰻丼のAとB,リーズナブルなお値段です。
美味しい!これまで食べた鰻で最上位ではないか?ふわっとした鰻に上品なタレ。地元「小川原湖」産の天然鰻の白焼きと甲乙つけがたしというところか。


歳をとっても食い意地が減退することはなく,気ままな旅も尽きることはありません。


nice!(0)  コメント(0) 

スカシユリ2019.6.26 [花]

陸奥湾に面し,対岸に下北半島を望む今別町高野崎に自生の「スカシユリ」が咲くころです。 午前中で相続登記2件とそれに絡む贈与の登記を片付け,「スカシユリ」を見に出かけました。 青森市から北に向かって1時間余り,海岸段丘の岩に大振りのオレンジの百合が咲いていました。 例年よりも花の数は少ないものの,野に咲く百合です。 崖に咲く。海からの風を受けて4,5株咲いています。 スカシユリ4.JPG 野生の花にしては,大きい花です。 仕事の合間に出かけて,花の時期に間に合いました。 スカシユリ1.JPGスカシユリ2.JPG スカシユリ3.JPG スカシユリを見て,更に北上し,かつて鮎釣りで通った今別川を見,その後山沿いの道を通って青森市に帰りました。 このコースは,昨年亡くなった蟹田のkudoさん,数年前に亡くなった,かけがえのない友人のGakさんと,しょっちゅう通った道です。 通るたび,思い出さないことはありません。 今日も二人を思いながら車を走らせていました。
nice!(0)  コメント(0) 

我が家のアンジェラ [花]

昨日土曜は小雨の中,眺望山を歩きました。
眺望山東口駐車場に着くと,鉄人高森さんが待っていて,どうするかというので,傘を持ってもいいから上りましょうということになりました。

鉄人が運転免許証返納を検討しているらしいので,一緒に頂上でコーヒータイムということもしばらくできないかもしれません。とにかく歩いて,頂上近くの東屋でコーヒーにしました。虎屋のミニ羊羹とドリップコーヒーを味わいました。
キノコの場所,蘭のある場所,申し送り事項を承りました。
この数年,この山で会うのが楽しみでした。せめて,貴重な花の時期,迎えに行きましょう。


我が家の玄関先に,今年から薔薇の鉢を置いています。
キノコ名人が持ってきてくれたものです。キノコ名人は薔薇名人でもあります。
3つの鉢の一つ,「アンジェラ」,少し最盛期を過ぎましたが,薄紅の薔薇が芳香を放っています。

我が家のアンジェラ.JPG


鉄人が免許返納する主な理由は,眼の病だそうです。年齢も私より一回り上ですが,私にとっても他人ごとではなく,頑強な鉄人が返納するのだから,いずれは己のことと考える日が来るでしょう。
下山の途中,鉄人の足元が気になりました。


nice!(0)  コメント(0) 

シオカラトンボ [グダリ沼と田代平湿原]

仕事の合間に八甲田山中に出かけました。いつものとおり,仕事半分,遊び半分の不良老人です。

梅雨入りし,少し梅雨寒の八甲田でしたが,田代湿原では,ヒメシャクナゲが終わり,ホウチャクソウの花が落ち,小さな緑の実をつけていました。

今年初めてのシオカラトンボ
シオカラトンボが,木道にとまりました。ここ田代湿原は高山植物のほか,トンボの種類も多く,これから楽しめます。

シオカラトンボ.JPG

帰り道,後藤伍長銅像公園に車を停めすぐ近くの草むらを探索。
ササバギンランがたくさん,途中の一休みには最適の場所です。しかし,この春から「銅像茶屋」が店じまいし,トイレが使えなくなり,観光客は困っています。銅像は観光コースですから,トイレの整備を急いでいただきたい。

ササバギンラン
ササバギンラン3.JPGササバギンラン4.JPG

前回も咲いていましたが,オオヤマオダマキもたくさん咲いています。

オオヤマオダマキ1.JPGオオヤマオダマキ2.JPG

明日は土曜,眺望山を歩きます。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -