So-net無料ブログ作成

東京日記2013.8.24,25その3 [東京日記]

東京で息子と会うと,何を食べるか何を食べさせてやるかということなります。
離れている親は,学業にどう向き合っているのかということを心配していますが,そのほかにきちんと食べているかということもいつも心配しています。

つばめグリルのハンブルグステーキ
代々木上原のモスクを見学し終えたのは午後2時近くでした。腹ペコでした。
渋谷のヒカリエに用事もあり,つばめグリルでハンバーグにしました。
何度も紹介しましたが,アルミホイルをナイフで切り開くと熱々のハンバーグ,ビーフシチュー,クレソンに大ぶりなジャガイモにデミグラスソース。私はご飯もパンもいりません。これまで上京しての食事で一番多かったのは,ここつばめグリルでしょう。なによりも安さにあるのですが。
腹がへっているので写真は忘れました。物価上昇の折,ハンバーグが心持小さくなったような気がします。アベノミクスの影響かな?

虎屋の葛きり
K氏に教えられ,5月にカミさんと銀座の虎屋で食べたのですが,息子にも食べさせることにしました。
今回のホテルは赤坂見附のほど近くでしたから,赤坂本店の虎屋茶寮にしました。
混んでいるので,40分ほど待ちましたが,手間暇かけた伝統の味はゆるぎもしないものでした。
下世話に言えば,かき氷を注文するお客さんが多いように見受けられました。更に下世話に言えば宇治が1,300円。

美登利鮨
二日目は息子を開放し,親だけで都内を歩くつもりでしたが,お昼に渋谷で会うことにして,人気店「美登利鮨」前で合流,昼食は息子おすすめの鮨を食べることにしました。
貧乏司法書士には優しいリーズナブルなお店です。
11時開店,入りきれないほどお客さんが並んでいます。
鮨1.JPG

カウンターのネタケースの上に玉子が積まれています。
鮨2.JPG

特上おまかせ一人前,中トロ,大トロ,生のズワイガニ,ウニ,大えび,大きなあなご……
びっくりするような値段です(安価)。
鮨3.JPG

息子好みの鰯,私好みの鯵を追加で注文しました。親子3人満腹でした。シャリを小さくしてもらえばよかったか。
鮨4.JPG


デザートなどは無用でした。
息子に案内してもらって新宿まで行き,伊勢丹の酒類売り場を見たあと,息子と別れました。


田舎にいると世の中の好景気はどのようなものかと,身近に感ずることはありませんが,都会はどこに行っても人であふれており,食事はお店の前に行列ができています。
自然派の小生には縁が薄い環境です。
何より暑くて生きてゆけない気がします。
今回の東京の二日間,一日一万歩以上歩いているので,眺望山トレッキングに相当しますが,固い舗装の上を歩いているので足が痛くなります。トレッキングシューズを履いて歩きますが,足腰に負担があります。

帰りの車中,グランドキリンを飲みひと眠りしたら青森県に入っていました。

田舎は良い。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。