So-net無料ブログ作成

ソニー・ロリンズ/ソニー・ロリンズとコンテンポラリー・リーダーズ [夜明けのJazz]

今朝の1枚は,「ソニー・ロリンズとコンテンポラリー・リーダーズ」です。
おそらく20年以上聞いていませんでしたが,久しぶりに針を落とすと,そこはロリンズの独壇場です。どの曲を聞いてもロリンズのプレイであることがわかります。

ソニー・ロリンズ/コンテンポラリー・リーダーズ.JPG

ロリンズtsのほか,ハンプトン・ホースp,バーニー・ケッセルg,ルロイ・ヴィネガーb,シェリー・マンds,一部ヴィクター・フィルドマンvibです。ウェスト・コースト系と言われる著名なミュージシャンとの録音です。

どこを聞いてもソニー・ロリンズ。ハンプトン・ホースpもバーニー・ケッセルgもヴィクター・フィルドマンvibいずれも楽しい演奏を聞かせてくれます。
特にA面3曲目の「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」,4曲目の「ユー」そしてB面1曲目の「I'Ve Found A New Baby」。仕事をしながらレコードをかけていましたが,思わずジャケットを見直したほどでした。
ヴィクター・フィルドマンのvibは,A面4曲目の「ユー」だけ加わっていますが,洒落ていて名演です。

このLPは,1958年10月コンテンポラリー・レーベルで録音されたものですが,コンテンポラリーは音が良いということで定評がありました。レコーディングはロイ・デュナンの手になるものです。

ソニー・ロリンズは,既に「ナイト・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」を紹介しましたが,本盤が良かったので,次ももう1枚ロリンズを紹介しましょう。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。