So-net無料ブログ作成

アート・ペッパー/ミーツ・ザ・リズム・セクション [夜明けのJazz]

今朝の1枚,アート・ペッパーの「ミーツ・ザ・リズム・セクション」です。
前々回では,かつて幻の名盤と言われていた「モダン・アート」を取り上げましたが,こちらも人気の高い1枚です。

ミーツ・ザ・リズムセクション.JPG

コンテンポラリー1957年1月19日録音(ロサンゼルス)
アート・ペッパーas,レッド・ガーランドp,ポール・チェンバースb,フィリー・ジョー・ジョーンズds

ザ・リズム・セクションと言えば,当時,マイルス・デイヴィスのグループのリズム・セクション3人をこう呼んでいるのですが,「アメリカ西部のペッパーと東部の3人とが午前中の打ち合わせの後,午後,すべてワンテイクで録り終えた」と,プロデューサーのレスター・ケーニッヒがライナーに記しています。

本盤のA面1曲目「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」で聞かせてくれます。ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウンで有名なこの曲をアート・ペッパーならではのアルトサックスを吹きます。
アート・ペッパーのアルトサックスは,日本人に好まれる節(ふし)を持っていると私は感じています。

全編すべてペッパー節にあふれていますが,B面2曲目「ティン・ティン・デオ」はラテンのリズムでこのLPに一味加えています。

1957年,ステレオ録音です。このコンテンポラリー・レーベルも音が良い。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。