So-net無料ブログ作成

ソニー・クラーク/クール・ストラッティン [夜明けのJazz]

陽が出て家の外に出ると,春の匂いがするような気がします。枯草のにおいか乾燥した土のにおいか?

クール・ストラッティン.JPG
ブルーノート1958年1月5日録音
アート・ファーマーtp,ジャッキー・マクリーンas,ソニー・クラークp,ポール・チェンバースb,フィリー・ジョー・ジョーンズds

今朝の1枚は,どなたもおなじみの「クール・ストラッティン」です。
既にソニー・クラークの3枚を紹介しましたが,あまりに有名なこのLPを持ち出すのを躊躇していました。TVのバックに流れたり,歩いている女性の足元をアップで撮ったジャケットも,ジャズに興味のない人でも,このLPを見たり聞いたりしているのではないでしょうか。

CDもありますが,「クール・ストラッティン」はLPで聞くのがベストだと思います。ジャケットも楽しめます。

アート・ファーマーのトランペット,ジャッキー・マクリーンのアルトサックスいずれも名手の音が冴えわたっています。そして,ポール・チェンバースのアルコを交えたベース,フィリー・ジョーのドラムもいうことなし。

A面1曲目のタイトル曲はファンキー充満,2曲目は,ジャッキー・マクリーンの泣き節がいいです。

力強いタッチのソニー・クラークですが,その表情が見える気がする録音です。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。