So-net無料ブログ作成

マイルス・デイヴィス/アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ [夜明けのJazz]

青森市の積雪量も10㎝ほどとなり,例年になく早い春の訪れの気配です。
それと同時に,だんだん目覚めの時間が早くなりました。

今朝の1枚は,マイルス・デイヴィスの「アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ」です。
このLPは,クリスマスセッションとして著名な録音で,とりわけ,セロニアス・モンク,ミルト・ジャクソンとの共演が話題をよんだものです。
マイルス・デイヴィス/and the modern jazz giantes.JPG
A面1・ザ・マン・アイ・ラヴ(テイク2),2.スウィング・スプリング
B面1.ラウンド・ミドナイト,2.ベムシャ・スウィング,3.ザ・マン・アイ・ラヴ(テイク1)プレスティジ
B-1ラウンド・ミドナイト(1956年10月26日録音 マイルス・デイヴィスtp レッド・ガーランドp ジョン・コルトレーンts ポール・チェンバースb フィリー・ジョー・ジョーンズds)
A-1,2&B-2,3(1954年12月24日録音 マイルス・デイヴィスtp ミルトジャクソンvib セロニアス・モンクp パーシー・ヒースb ケニー・クラークds

B-1の「ラウンド・ミドナイト」を除くすべての録音が1954年12月24日に行われたので,世に名高いクリスマス・セッションと呼ばれているゆえんです。
マイルス主導の録音ですが,大御所モンクに自分のソロのパートではピアノをつけないでと指示して大げんかになったという伝説があります。このLPでは,A,B両面に「ザ・マン・アイ・ラヴ」のテイク1とテイク2が入っていますが,どちらがスリリングでしょうか。

ドラムは,ケニー・クラークですが,MJQのドラムを担当していました。その後,ヨーロッパに渡りました。
同じくMJQからミルト・ジャクソンが加わっており,彼の力演がこのLPの魅力の一つになっています。ミルト・ジャクソンは,このメンバー等と「バグズ・グルーヴ」で共演しています。

「ザ・マン・アイ・ラヴ」は,J.ガーシュインの名曲,「スウィング・スプリング」はマイルスの曲,「ラウンド・ミドナイト」と「ベムシャ・スウィング」はセロニアス・モンクの有名曲です。選曲を見ただけでも,マイルスがモンクに敬意を払っていたことがうかがわれます。

「ラウンド・ミドナイト」は,録音日を見てもわかる通り,前回まで紹介した「マラソン・セッション」のLP4枚分の録音時の録音のようです。そして,CBSから発売された「ラウンド・ミドナイト」のごく近い時期に,同メンバーで録音されたもので,両方を聞き比べても興味深いものがあります。マイルスのミュート,コルトレーンの唸りを上げるようなテナー・サックス,来たるべき新時代を予感させる名演です。







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。