So-net無料ブログ作成

ビリー・ホリデイ/レディ・イン・サテン [夜明けのJazz]

今日で3月は終わり,明日からは新年度が始まります。
当ブログの「夜明けのJazz」は,今回でとりあえず終わりにいたします。
調べてみると前回で108回,ちょうどよかったのかなと思いますが,私にとって最後の1枚として是非かけなければいけないLPがあります。
それが今朝の1枚,ビリー・ホリデイの「レディ・イン・サテン」です。

IMG_1651.JPG

1958年2月18,19&20日,米コロンビア録音,ビリー・ホリデイvo,レイ・エリスarr&orch

1930年代半ばから活躍した彼女ですが,50年代に残した録音に聞く声はかつての潤いはなく,一部からは酷評されるようになりました。
そのような最晩年期の録音ですが,美しい声,歌唱を超越し聞く者を感動させる力があります。

レイ・エリスの編曲・指揮によるオーケストラは美しく,編曲とはこのようなものかと感じさせます。
J.J.ジョンソンのトロンボーンがバップ時代を超越した優美なバラードを奏でます。

この録音の翌年,1959年7月17日44歳で亡くなります。
ちなみに,この年の3月15日にレスター・ヤングが亡くなっています。

約2年,私の保有するLPから,私の独断による選別でジャズを聞いてレポートを書いてきました。
ジャケットのギャラリーのようなものでしたが,ある意味,好みのジャケットによる選別だったかもしれません。
LPを整理し,さらに保有LPを紹介するかもしれません。その時までしばらくお休みします。
お付き合いくださりありがとうございました。












nice!(0)  コメント(0) 

ビリー・ホリデイ/アラバマに星落ちて [夜明けのJazz]

3月も今日を除いてあと2日,31日土曜は事務所休業ですが,相続の相談が2件入っており,年度替わりは何やら落ち着きません。

「夜明けのJazz」の締めくくりをしなければいけません。
ビリー・ホリデイで締めることにしました。

今朝は,「アラバマに星落ちて」です。
アラバマに星落ちて.JPG
1957年1月3,4,7,8日録音のVerve盤。ビリー・ホリデイのvoのほか,ハリー・エディソンtp,ベン・ウェブスターts,ジミー・ロウルズp,バーニー・ケッセルg,レッド・ミッチェルb,ジョー・モンドラゴンb,アルヴィン・ストラーds,ラリー・バンカーds

ビリー・ホリデイ最晩年の録音で,この年の7月まででVerveの録音は終わります。
全盛期の声のつややかさやはりのある歌声はないものの,魂の叫びが聞こえます。

私は,20代のころこのLPを手にしましたが,ビリー・ホリデイの絞り出すような声に寄り添うようなベン・ウェブスターの柔らかなテナーの音にしびれました。
それほど人気のLPではありませんが,私の愛聴盤です。

曲目も名曲揃いですから紹介します。
A①デイ・イン,デイ・アウト②フォギー・デイ③アラバマに星落ちて
B①ワン・フォー・マイ・ベイビー②ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングズ③時さえ忘れて

ベン・ウェブスターのテナーは言わずもがなですが,バーニー・ケッセルの硬い調子のギターが素晴らしい。収録されている6曲の晩年のビリーホリデイ,色あせることはありません。



nice!(0)  コメント(0) 

福寿草 [花]

青森市の積雪ゼロとなり,春がきました。
今年の桜開花は平年よりも10日早いそうですが,何回か前の記事でマンサクの開花が桜開花予測の目安になるらしいと書きましたが,弘前公園のマルバマンサクの開花からほぼ1か月で開花となるようです。4月20日ころ,弘前公園の桜開花らしいです。

しばらく前から,今年の野外活動は,福寿草から始めようと決めていました。
陸奥湾の真ん中に突き出た夏泊半島の先端部にある「夏泊大島」,福寿草は盛りを迎えていました。
晴天に誘われ,青森市から車で4,50分,車を降りて心臓破りの灯台保守のための石段を登って15分,藪の中に咲いていました。
キクザキイチゲやエンゴサクもあり,カタクリも姿を見せていました。

福寿草4.JPG福寿草3.JPG
福寿草5.JPG
福寿草1.JPG
福寿草2.JPG

キクザキイチゲの白や薄紫の花が見えていました。
キクザキイチゲ1.JPGキクザキイチゲ2.JPG

エンゴサクの紫が遠慮がちに咲いていました。
エンゴサク.JPG


昨年は4月1日に来ていました。
一冬じっと待っていた野の花に会えました。


nice!(0)  コメント(0) 

ビリー・ホリデイ/ビリー・ホリデイの魂 [夜明けのJazz]

3月も残すところ1週間,暖かくなりました。仕事で出かけるときにもジャケットの上にコートを着用していません。野外活動も間近です。

今朝の1枚は「ビリー・ホリデイの魂」です。
このLPは,米VERVEオリジナルの数枚から編集したものです。
ビリー・ホリデイは前回紹介したとおり,1944年まで米コロンビアと契約しており,その後1946年から1957年まで足かけ12年間VERVEに在籍しており,最晩年の多くはVERVEに残されているようです。

IMG_1647.JPG


A面は,1946年4月22日ロス・アンジェルスでのJATPコンサートにおけるライヴ録音,B面は1952,1954,1955,1957年にロスとニューヨーク録音されたものです。
A面ではレスター・ヤングが,B面ではベン・ウェブスターがテナーサックスを吹いています。

両者とも演奏スタイルは異なりますが,どちらにも魅かれます。

ジャケットのイラストは,ストレンジ・フルーツ「奇妙な果実」をイメージしたものだと思いますが,A面2曲目のビリー・ホリデイの歌うこの曲では,原題の持つ悲惨なイメージが消え,おおらかなビリー・ホリデイの歌唱が収録されています。

1946年から1957年までの録音ですから,全盛期の彼女の声ではありませんが,間違いなくビリー・ホリデイそのものであり,魅力が薄れるものではありません。
nice!(0)  コメント(0) 

ビリー・ホリデイ/Lady Day [夜明けのJazz]

春分の日,週の真ん中が休日です。山はまだ雪があり,山歩きというわけにもいかないので,今朝は時間をかけてビリー・ホリデイを聞くことにします。

前回,ビリー・ホリデイとレスター・ヤングの共演盤を紹介しましたが,今回の「Lady Day」は,米コロンビアがThe Complete BILLIE HOLIDAY On COLUMBIA(1933-1944)と副題をつけて発売したCD10枚組のセットです。
レディ・デイ.jpg

1933年から1944年までの米コロンビア在籍中のビリー・ホリデイと言えば,まさに彼女の絶頂期です。前回のレスター・ヤングとの共演CDは,今朝のコンプリートセットの中に含まれています。

共演者の顔ぶれが豪華で,10枚のCDそれぞれに,往年の名手の妙技を聞くことができます。
ベニー・グッドマンcl,ジーン・クルーパds,ジャック・ティーガーデンtb,ロイ・エルドリッジtp,バック・クレイトンtp,レスター・ヤングts,ベン・ウェブスターts,グラント・グリーンg,ジョー・ジョーンズds,そしてテディー・ウィルソンのピアノなど,ジャズの巨人が目白押しです。

デューク・エリントン楽団,カウント・ベイシー楽団との共演も豪華です。
10枚のCDで,ビリー・ホリデイの絶頂期の歌声と名手の技を堪能できます。
時間をかけてたっぷりビリー・ホリデイに浸りましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

ビリー・ホリデイ&レスター・ヤング/a musical romance [夜明けのJazz]

あと10日余りで4月です。啓蟄もとっくに過ぎたのですが,小生のほうは雪がなくなるのにつれ,野山に出かけたくてウズウズしています。もう少しの辛抱です。

朝起きてLPやCDで目覚めの音楽を聞くのですが,最近,バロック特にオーボエにはまっておりました。
しかし,続けていた「夜明けのJAZZ」の締めくくりをしていません。
マイルスやコルトレーンもかけましたが,ビリー・ホリデイをかけていなかったことを思い出しました。
そこで今朝は,ビリー・ホリデイとレスター・ヤングが共演したセッションをCD1枚にした「a musical romance」を聞くことにしました。

ビリー・ホリデー&レスター・ヤング.jpg


このCDは,数年前にアメリカで発売された,1933年から44年までのビリー・ホリデイの録音を収録したコロンビアの10枚組ボックスからの抜粋盤で,すべてレスター・ヤングとの共演ばかりをあつめたものです。タイトルも「ア・ミュージカル・ロマンス」とは意味深でいいですね。

ビリー・ホリデイ全盛期のものでレスター・ヤングのプレイも絶妙です。
他の共演者も,バック・クレイトン,ハリー・エディソン(tp),ベニー・グッドマン(cl),フレディー・グリーン(g),ジョー・ジョーンズ(ds),テディー・ウィルソン,クロード・ソーンヒル(p)などオールドファンおなじみの名前です。

従来のLPやCDに比べ音が良くなったように聞こえます。

手持ちのLPやCDから,ビリー・ホリデイを2,3回続けます。



nice!(0)  コメント(0) 

春・アカバナマンサク [季節]

暖かい日が続いています。
青森市の最高気温は既に+16℃です。
我が家では先週から,ロードヒーティングのスイッチを切り,日中室内の暖房を入れていません。

地元紙にここ2,3日,アカバナマンサクとマルバマンサク開花のニュースが載っていました。
その新聞によると,弘前公園では,マルバマンサクの開花を基に桜の開花時期を予想するとか。

家の脇の小さな庭のアカバナマンサクが咲いています。
えんじ色のリボンのような小さな花ですが,春の訪れ第一弾です。
このアカバナマンサクは,岩木山の麓,弘前市弥生の友人Oさんから頂いた苗木が育ったものです。

アカバナマンサク2.JPGアカバナマンサク3.JPGアカバナマンサク5.JPGアカバナマンサク6.JPG

ちなみに,マルバマンサクは,ごく一般的な黄色のリボンのような花,あと一か月あまりでで桜開花の青森です。


nice!(0)  コメント(0) 

ハンスイェルク・シェレンベルガー/イタリア・バロック・オーボエ協奏曲 [音楽]

今日は急に暖かくなりそうです。自宅前の道路の雪がすっかり消えました。

ここしばらくバロックを聞いていましたが,今朝は,前回のハインツ・ホリガーに続いて,オーボエのハンスイェルク・シェレンベルガーによるイタリア・バロック・オーボエ協奏曲です。

マルチェルロ/オーボエ協奏曲.jpg

ヴィヴァルディ/オーボエ協奏曲.jpg


シェレンベルガーは,長くベルリン・フィルの首席を務めた人で,サイトウキネンにも客演するなど日本にもなじみのオーボエの第一人者です。
シェレンベルガーは,ホリガーや,ローター・コッホ,ピエール・ピエルロといった先輩の後を継ぐオーボエの名手です。

二つのCDで,A.マルチェッロ,ヴィヴァルディ,アルビノーニ,G.サンマルティーニ,D.スカルラッティのイタリア・バロック・オーボエ協奏曲を堪能できます。
演奏は,シェレンベルガーのオーボエと弦楽合奏はイタリア合奏団です。


nice!(0)  コメント(0) 

ハインツ・ホリガー/ベニスの愛~イタリア・バロック・オーボエ協奏曲集 [音楽]

自宅周りの雪が消えていきます。日も長くなり,日の出が5時台になりました。

起床が早くなり,まず,音楽を聞きながら新聞をとなりますが,今朝は,巨匠ハインツ・ホリガーのオーボエとイ・ムジチ合奏団による「ベニスの愛~イタリア・バロック・オーボエ協奏曲集」にしました。

ベニスの愛.jpg


このCDはいわくがありまして,30年余り前,初めてCDプレーヤーを購入したときに最初に購入したCDがこれでした。
しょっちゅうかけていましたので,クラシックが得意でないカミさんも口ずさむようになりました。

①A.マルチェッロ「オーボエ協奏曲ニ短調・ベニスの愛」②サンマルティーニ「オーボエ協奏曲ニ長調」③アルビノーニ「オーボエ協奏曲ト短調」④ロッティ「オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調」⑤チマローザ「オーボエ協奏曲ハ長調」

オーボエは人間の声に近いと言われますが,名人の音が聞く者を穏やかににさせてくれます。




nice!(0)  コメント(0) 

檸檬開花 [花]

全国的に雨,一部には大雨警報も出ています。
青森市の気温は+10℃,一気に積雪が減るでしょう。

春到来の嬉しい兆し,レモンの花が開きました。
2週間ほど前から白い蕾が次々と開花しています。
玄関ドアを開けると,柑橘の甘酸っぱい匂いが充満しています。

レモン2.JPG
レモン1.JPG

今日1日強い雨の予報ですが,雪を消し去ってくれる春の雨,歓迎です。


nice!(0)  コメント(0)