So-net無料ブログ作成

レナード・バーンスタイン/動物の謝肉祭 [音楽]

我が家の梅,桜,白木蓮が咲きそろい,例年よりも早く紅八重枝垂れ桜が咲いて10連休前に勢ぞろいしました。
もう4日で10連休突入ですが,どのように過ごそうか計画はありません。

今朝は,青少年のために企画されたレナード・バーンスタインの「プロコフィエフ/ピーターと狼」「サン・サーンス/動物の謝肉祭」「ブリテン/青少年のための管弦楽入門」を聞いています。
最近聞いていなかったのですが,じっくり聞いてみると面白い企画と名演です。

バーンスタイン/動物の謝肉祭.png

プロコフィエフとサン・サーンスは,指揮者のバーンスタイン本人がナレーターも担当し,ブリテンは,マスター・ヘンリー・チェイピンが担当しています。
ナレーションは,わかりやすく,小中学生の英語の参考にでもなりそうなものです。

「動物の謝肉祭」は,サン・サ-ンス生前,「白鳥」以外演奏を認めなかったそうで,「白鳥」だけは,サン・サーンスのまったくのオリジナルということで出版も演奏も認められていたようです。
ユーモアとパロディーに満ちた組曲,そして,自作の「白鳥」の美しさは格別です。
ちなみに,チェロで奏される「白鳥」では,著名な,当時21歳のゲイリー・カーがコントラバスで演奏しています。ナレーションでは,二人ともコントラバスをダブルベースと言っていますが,音楽界ではそのように表現するのでしょうか。ゲイリー・カーは,ソロのコントラバス奏者として知られています。

曲中,レナード・バーンスタインの口ずさむメロディーや口笛が出てきます。

ブリテンは,パーセルの曲を,各楽器ごとにメロディーを担当させているのですが,パーセルの元の曲の良さ,ブリテンの構成編曲,そして若きバーンスタインの指揮の冴え,この三つが名演を作り上げています。





nice!(0)  コメント(0) 

武満徹/ノヴェンバー・ステップス [音楽]

しばらく暖かったのに,冬型気圧配置のせいで,日中の最高気温0度と寒い日でした。

午後3時ころで仕事を片付け,武満徹のノヴェンバー・ステップスを聞いています。

ノヴェンバーステップス.jpg
1967年,1969年,「ノヴェンバーステップス」尺八:横山勝也,琵琶:鶴田錦史,「アステリズム~ピアノと管弦楽ための」ピアノ:高橋悠治,小澤征爾指揮トロント交響楽団

「収録曲」 1.ノヴェンバー・ステップス 2.アステリズム~ピアノと管弦楽ための 3.グリーン 4.弦楽のためのレクイエム 5.地平線のドーリア

この曲を初めて聞いたとき,鶴田錦史の琵琶と横山勝也の尺八にノックアウトされた記憶があります。
その後,他の演奏者によるCDも出ていますが,この二人がいなければ武満徹のこの曲が世界に知れ渡ることがなかったでしょう。
そのようなことから,私は,この演奏をベストだと考えています。

作曲者武満徹は,このCDのライナーに「ノヴェンバー・ステップス」について,と題して書いています。その中で,「尺八の名人が,その演奏ののうえで望む至上の音は,風が古びた竹藪を吹きぬけていくときに鳴らす音であるということを,あなたは知っていますか?」と言っています。
そのような思いでこの曲を作ったのでしょう。

この曲によって,尺八も琵琶も,世界に知られるようになったのではないでしょうか。

他の3曲も必聴の演奏です。
2曲目の高橋悠治のピアノも圧巻です。




nice!(0)  コメント(0) 

ヘルベルト・フォン・カラヤン/ブラームス・交響曲第1番 [音楽]

成人の日の三連休2日目,雪は小休止状態の青森市です。

前回,クライバーのブラームス4番を聞きましたが,今朝はカラヤンの1番にしました。
ブラームスの1番といえばミュンシュ・パリ管が有名ですが,今回はカラヤンにしました。
カラヤンはブラームス1番が特にお気に入りだったのではないかと言われています。


初めてN響を指揮した時,ベルリンフィルを伴って日本公演をした時,節目の演奏会ではブラームスの1番を演奏しています。
今朝のCDは,1988年5月5日サントリーホールのライヴ録音でNHKがFM放送のためにディジタル録音したものです。

カラヤン・ラストコンサート/ブラームス.jpg

当日のプログラムは,モーツァルトの交響曲第39番,そしてブラームスの1番でした。
私はモーツァルトの後期交響曲の中でも39番が好みです。ベートーヴェンの交響曲の雰囲気があると言いましょうか,むしろベートーヴェンがモーツァルトの雰囲気を帯びているのでしょう。
ゆったりとしたテンポでベルリンフィルの豊かな響きが鳴り渡ります。

そしてブラームスの1番です。この曲は,曲の出だしでティンパニーが活躍します。例えばフルトヴェングラーの演奏など顕著です。
カラヤンのこの演奏会では,オーケストラの総体が鳴っているので,ティンパニーが個別に活躍しているという印象は受けません。
ゆったりと,てらいのないブラームスを,聴衆はカラヤンとの別れと感じ取ったと思います。
演奏終了後の拍手,歓声からも伝わってくる気がします。

最近,カラヤンの晩年のライヴ録音をよく聞いていますが,このCDもそのとおりで,9回目の日本公演最終日の記録です。

この公演の1年2か月後,カラヤンはこの世を去ります。




nice!(0)  コメント(0) 

カルロス・クライバー/ブラームス交響曲第4番 [音楽]

正月ボケからようやく平静に戻り,仕事も動き出しました。
大雪の中,今朝はブラームスの交響曲第4番を聞いています。

カルロス・クライバーが2004年亡くなった時の追悼盤です。
シューベルトの「未完成」,ワグナーの「トリスタンとイゾルデ」とともに入っているもので,オーケストラはウィーン・フィルです。
カルロス・クライバー/追悼盤.jpg

ブラームスのほかの「未完成」「トリスタン」もなかなか良いのでお勧めです。

暮れに,ワルターの2番を紹介しましたが,今回は4番です。
ブラームスというと人気は1番でしょうが,私は4番も大好きです。
1番が男性的だとすると4番は抒情性豊かで少し女性的でしょうか。

クライバーのベートーヴェン4,7番の熱狂も魅力ありますが,ブラームス4番も美しい。
私の正月明けはブラームス4番からです。


nice!(0)  コメント(0) 

クリスマスにフォーレ・レクイエム [音楽]

今日はクリスマス・イヴ。寒い三連休の3日目で,仕事の整理をしながら,フォーレのレクイエムを聞いています。

今夜は,きっとホワイト・クリスマスになるでしょう。
我が家は夫婦二人きり,カミさんはケーキを食べ,私はワインかビールを飲んで音楽を聞いてのクリスマス・イヴとなるのではないかと思います。

さて,今もフォーレが流れていますが,私の手元には,1972年録音「指揮:ミシェル・コルボ,ベルン交響楽団,ボーイソプラノ:アラン・クレマン,バリトン:フィリップ・フッテンロッハー」(エラート)と1992年録音「指揮:ミシェル・コルボ,ローザンヌ声楽&器楽アンサンブル,ソプラノ:マガリ・ダミ,バリトン:ピーター・ハーヴェイ」(EMI)という,ミシェル・コルボのCDが2種ありまして,かつて,当ブログでも紹介したことがあります。

今日は,旧録音のボーイ・ソプラノの入ったものを聞いています。
コルボ/フォーレ「レクイエム」.jpg


宇野功芳さんは,この曲はボーイ・ソプラノでなければと言っておられますが,名曲名演です。天上から降り注ぐような音に包まれて,あの世に導かれればしあわせでしょう。
新録音もよい演奏です。新録音はモーツァルトのレクイエムとのカップリングですが,こちらも名演です。妙な暗さがなくオペラのような楽しさがあります。

信教などない私ですが,家族には,もしもの時は,この曲を聞きながら家族でご飯を食べて送ってくれと言ってあります。
世俗にまみれた私などには,似合わないかもしれませんが。

ちなみに,この演奏でボーイソプラノをうたったアラン・クレマン氏は,現在はテノールとして音楽活動をしているようです。

メリークリスマス!

nice!(0)  コメント(0) 

ブルーノ・ワルター/ブラームス交響曲第2番 [音楽]

秋の夜長に音楽を聴きながらワインという恰好良さもありますが,冬の夜,クラシックを聴きながらウィスキーという手もあります。
明日から三連休,スコッチのロックを手にブラームス交響曲第2番を聞いています。

ブルーノ・ワルターのブラームス2番は大分前にも記事にしましたが,改めて聞いてみてなかなかの演奏なのでまた取り上げました。

ワルター/ブラームス2番.jpg


ブラームスの4つの交響曲は,それぞれ異なった趣があります。堂々とした構築物のような1番,ロマンチックな4番いずれも人気の曲ですが,2番も3番も素晴らしい曲です。

私がワルターを聞いた初めの頃は,ベートーヴェンの6番,マーラーの1番「巨人」,同じくマーラーの「大地の歌」で,高校生の頃でした。
ワルターはヨーロッパを去りアメリカに渡りますが,CBSがコロンビア交響楽団を組織して,彼に指揮の機会を用意したのでした。トスカニーニにNBCがNBC交響楽団を用意したのと同じですね。

今日紹介するブラームスの2番は,オーケストラがニューヨーク・フィルハーモニックです。
ブラームスの2番は,1番とは対照的な穏やかな曲です。しかし,この録音ではワルターの情熱のほとばしりが聞こえるのです。第4楽章は,晩年の録音ながら,若々しく疾駆しコーダを迎えます。

ブラームスのハンガリー舞曲が数曲収められていますが,その中でも第1番がなかなか素晴らしい演奏です。耳になじんだ曲ですが,これほど感動的な演奏があったでしょうか。

冬の夜,音楽はいいものです。





nice!(0)  コメント(0) 

アンネ・ソフィー・フォン・オッター&エルヴィス・コステロ [音楽]

3連休の前日,青森市に平年よりも1週間も遅い初雪が降りました。
山歩きもできず,仕事で出かける以外は,冬ごもりのような生活が始まりました。
三連休最後の昨日は,CDを聞きながらの相続2件の処理をしていました。

アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メゾソプラノ)とエルヴィス・コステロ「For the Stars」
フォー・ザ・スター.jpg

バリバリの名歌手オッターの公演を聞きに行っていたロックの大立者コステロが,楽屋を訪ねてコラボレーションを申し出たらしいのです。
このCDは,midoriさんから頂いたものですが,ロックの名曲をクラシックの名歌手が歌ったものと聞いたような記憶があります。

ロック,ジャズ,ポピュラー音楽の違いなど感じさせない,音楽の力とでもいうべきか。
CDをいただいた当時,福島市で単身赴任をしていましたが,毎朝朝食の支度をしながら聞いていました。
じっくり聞き入るというのでもなく,さらりと聞き流せて気持ちを暖かくします。

エルヴィス・コステロの歌も一部収録されています。
コステロと言えば,ジュリア・ロバーツのイギリス映画「ノッティング・ヒルの恋人」でシャルル・アズナブールの主題歌を,映画の最後でコステロが歌っています。

寒い日々が始まりますが,このCDで暖かくなりそうな気分にさせてくれます。




nice!(0)  コメント(0) 

ブルックナー交響曲第8番/カラヤン&ヴァント [音楽]

今日のブルックナーは第8番です。
カラヤン盤:ウィーン・フィル,1988年11月,ウィーン・ムジークフェラインでのライヴ録音
ヴァント盤:ベルリン・フィル,2001年1月19日~22日,ベルリンフィルハーモニーでのライヴ録音

カラヤン/ブルックナー8番.jpg
ギュンター・ヴァント/ブルックナー8番.jpg

7番でも紹介しましたが,カラヤンはこの録音の翌年亡くなっており,このCDは目にしていないようです。また,ヴァントは2002年に亡くなっていますから,彼もこの録音の翌年ということになります。

カラヤンの指揮は,余計な力を省き,ブルックナーの音楽に身を任せているように感じます。
ブルックナーの音楽に,自然体の境地に到達したのかと思える演奏です。
ヴァントの指揮は,精緻を極めますが,あくまでもゆったりと芳醇な味がするようです。

カラヤンのこのような名演・名録音が,帝王として君臨したベルリン・フィルではなく,ウィーン・フィルとのものであることに,何とも言えない感慨があります。

カラヤンのブラ8,お勧めします。



nice!(0)  コメント(0) 

ブルックナー交響曲第7番/カラヤン&ヴァント [音楽]

今日は立冬,雪の気配はありませんが,八甲田を眺めると,峰々は白くなっています。
故郷の守護神「岩木山」にも白が目立つようになりました。

10月中は,ベートーヴェンのピアノ協奏曲を,バックハウス,ルービンシュタイン,アラウ,3人の巨匠の演奏で聞いておりましたが,11月に入って「アントン・ブルックナー」の交響曲を聞いています。
クラシックを聴き始めの頃,ブルックナーの交響曲は長く,「曲の途中で居眠りし,目が覚めると同じメロディーが鳴っていた」というような逸話が流布されていたものです。
しかし,重厚なハーモニーと押しては返す波のようなうねりが聞く者を襲ってくるのです。
私のブルックナー初体験は,高校生の頃,カラヤンとベルリン・フィルの来日公演があり,NHK・FMでライヴ放送を聞いたブルックナー6番でした。
厚い金管の響きに圧倒されました。
その後,何度も放送で聞くことになり,初めに好きになったのが今回の第7番です。

カラヤン/ブルックナー7番.jpg
ギュンター・ヴァント/ブルックナー7番.jpg

今回の演奏は,ギュンター・ヴァントとヘルベルト・フォン・カラヤンの二人の指揮によるものです。
ギュンター・ヴァントは遅咲きの巨匠と言われていますが,晩年になるほど音楽が充実していると言われています。他の指揮者のものを聞いても(たとえば「チェリビダッケ」)と聞き比べても,断然ヴァントが素晴らしいと私は信じています。古くは,カール・シューリヒトが良かったと言いますが,レコードでは聞いたことがありません。
しかし,カラヤンの演奏だけはヴァントに負けず劣らず素晴らしいと思っています。

今回のCD:ヴァント(1912年生まれ)ベルリン・フィル1999年録音11月(86歳)ベルリン・フィルハーモニーのライヴ録音,カラヤン(1908年生まれ)ウィーン・フィル1989年4月録音(81歳)ウィーン・ムジークフェラインのライヴ録音

ヴァントはこの録音の3年後,カラヤンはこの録音の年に亡くなっています。
この2つの録音を聞いて,ヴァントの情熱と集中力,カラヤンのあくまでも美しい旋律と構成,二つのライヴ録音は,人気のあるこの曲の双璧だと思っています。
カラヤンの演奏を推す評価があまり聞かれないのが残念です。誰しも,年齢を重ねることによって雑念が振り払われ,純化するのですかね。
二つとも聞いてほしいと思います。







nice!(0)  コメント(0) 

バックハウス最後の演奏会 [音楽]

今日で10月は終わりです。昨夜も今朝もあられが降ったとか。
初冬です。

10月は,自宅でベートーヴェンのピアノ協奏曲を集中的に聞き,サントリーホールで都響の定期という具合に,かなり音楽に集中した月でした。
10月最後の日,「ウィルヘルム・バックハウスの最後の演奏会」を聞くことにしました。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲の4,5番とブラームスのピアノ協奏曲の感想を書きましたが,これらは名演奏として知られているものですから,言わずもがなのことでした。
今回取り上げた,ルービンシュタインやアラウの演奏も最晩年の録音が名盤・名演奏として評価を受けているものですし,バックハウスも晩年に至って,鍵盤の獅子王のイメージから円熟の境地に達したと評価されてもいます。

そのバックハウスの85歳の時の演奏会がこのCDに収められています。
1969年6月26日,6月28日,オーストリア,ケルンテン州,オシアッハ修道院教会で録音されたものです。
バックハウス最後の演奏会.jpg


ベートーヴェン,モーツァルト,シューベルト,シューマンのソナタや小品が演奏されていますが,ミスタッチがあるからどうのという音楽ではないと感じられる演奏会です。
モーツァルトのソナタ11番「トルコ行進曲付き」やシューベルトの即興曲D935-2など,誰でも知っているこの曲を,テクニックを見せつけるわけでもなし,ただ淡々とピアノに向かうバックハウスの姿が見えるようです。

6月28日の演奏会の途中でバックハウスは心臓発作で倒れ,その7日後に帰らぬ人になったのです。
このCDは,1枚目が26日の演奏会,2枚目が28日の演奏会が収録されていて,2枚目は25分と収録時間が短いことからも,バックハウスのこうした事情が分かります。


nice!(0)  コメント(0)