So-net無料ブログ作成

亥年元旦 [くらし]

新年明けましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。
亥年元旦2 (2).JPG 亥年元旦2 (1).JPG


還暦過ぎての年男,猪突猛進は遥か彼方となりました。牛のような歩みで参ります。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年トピックス [くらし]

12月30日,今年はもう1日ですが,あすは大みそかで私の出番もあり,当ブログも本年は今日でおしまいにします。

第一 息子の結婚
何といっても,親が年を取り,何とか一人息子が独立した家庭を持つことが夢でしたから,7月にお嫁さんを迎えることができたことが本年最高の出来事でした。息子が大学を出てから,親としては息子のためにしてやることはなくなり,これで親は卒業です。

第二 社寺仏閣を巡る
信仰心はない私ですが,1月に,息子の勤務する京都を訪ねました。そのついでとは恐れ多いことですが,我が家のお寺の総本山「知恩院」にお参りしました。
明け方,雪が降り,若いお坊さんが参道の雪を掃いていました。
京都の雪の情景が心に残りました。
知恩院雪1.JPG
知恩院三門1.JPG
弥勒菩薩.JPG

そして東寺へ!
東寺五重塔.JPG
弘法大師.JPG

国立博物館でも京都のお寺の貴重な仏像,書などを見ました。
仏像が崇高に感じられました。
阿弥陀如来坐像.jpg
聖観音2.JPG聖観音1.JPG
大報恩寺展1.jpg

第三 音楽
10月に東京都交響楽団の演奏会(サントリーホール)でサンサーンスの交響曲第3番を聞きましたが,その時のプログラムの第1曲(マントヴァーニ作曲「二つのヴィオラのための協奏曲」)に驚愕し,感動しました。

自宅では,ベートーヴェンのピアノ協奏曲4番,5番をバックハウス,ルービンシュタイン,アラウの3人の大家の演奏で数えきれないほど聞きました。
IMG_1763.JPG
ルービンシュタイン/ベートーヴェン・ピアノ協奏曲No.4,5.jpg
クラウディオ・アラウ/ベートーヴェン・ピアノ協奏曲No4,5.jpg

ブルックナーもよく聞きました。
交響曲4番,5番,6番,7番,8番,ギュンターヴァントとカラヤン指揮のCDを聞きましたが,高評価のヴァントに伍してカラヤンのブルックナーも素晴らしいと思いました。
3月には,東京都響の第8の演奏会があるので楽しみにしています。
ギュンター・ヴァント/ブルックナー7番.jpg
カラヤン/ブルックナー8番.jpg

第四 トレッキング
雪が消えると,毎週,眺望山に出かけ,春まだ浅い時期から花を探していますが,山友に会ってコーヒーを沸かし,しばしのコーヒータイムも楽しみです。
新たな山友ができたので,山の楽しみが増えました。
鉄人&キノコ名人.JPG

第五 仕事
本業は,昨年よりは少し減りましたが,11月末から12月いっぱいは忙しく,28日,仕事の成果品をお届けすることができました。感謝感謝!やれやれ!
明年早々予定の仕事があるので頑張らねば!無理をせず,ほどほどの仕事とほどほどの遊びに心がけたいと思っています。

別れ

今年は,ショックなこともありました。

5月には,公務員時代の先輩工藤さんが亡くなりました。工藤さんは,在職中から,渓流釣り,山菜取りなどアウトドアライフの楽しさを教えてくれた先輩でした。お宅にお邪魔すると,仏間に明るい笑顔の写真があるので元気をもらってきます。

10月に,中学校時代の同級生で,富士市在住のjunさんが亡くなりました。
40年ぶりに交流が再開したのち,数年で体調を崩しての訃報でした。私がブログを始めたきっかけを作ってくれた人でした。

同じ10月に,弘前市弥生の岩木山の麓でりんご農家をしている小山内さんが亡くなりました。
岩木山に行くたびに会っていましたが,近年は足腰の難病で畑にも出られず,思う通りのリンゴ栽培ができないことに鬱屈していたことでしょう。

冥福を祈ります。合掌

以上で本年最後の当ブログを終わります。明年も気ままな年寄の記事をご愛顧ください。








nice!(0)  コメント(2) 

大雪2018.12.11 [くらし]

7日(金)まで雪がなかった青森市でしたが,翌8日(土)朝外に出てみると20㎝の積雪,日,月と真冬日が続き,真冬の装いになりました。
昨日現在で青森市の積雪41㎝,寒い青森市です。

自宅事務所前はこのとおりです。
大雪1.JPG

屋根から雪庇が張り出しています。少し暖かくなるとぽたぽたと溶けて落ちます。
大雪3.JPG

車庫前にはロードヒーティングが入っていますが,スイッチを入れても動き出しません。
知人に来てもらい,やっとボイラーが動き出し,やれやれ,余熱で雪は消えます。
大雪2.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

結婚式 [くらし]

7月15,16,17日の3日間,軽井沢に出かけました。一人息子の結婚式でした。
式の前の15日,東北新幹線を大宮で降りたとたん,猛暑の真っただ中,汗が噴き出ました。
この先が思いやられました。

北陸新幹線に乗り換え,4,5十分で軽井沢,涼しいと思いましたが,それも大宮に比較してのこと,間もなくここでも汗が噴き出ました。
普段軽井沢ではこのようなこともなく,標高900mの軽井沢ではいつもは涼しいのだそうです。避暑地ですからね。

車も大渋滞,観光客もあふれんばかりでした。ホテルのシャトルバスもいつになるやらということで,駅隣接のモールを見ることもなく,間もなくやってきたホテルのバスに乗り込みました。

ホテルに着いて,いつもの性癖が首をもたげます。
ホテルは,自然が生かされており,コテージの周りを見ると,青森では珍しいホタルブクロたくさん咲いています。
ホタルブクロ2.JPG
ホタルブクロ.JPG
ホタルブクロ1.JPG

夜,新郎新婦の家族ごとに結婚前夜の食事をとることになり,我が家は,叔母やいとこ,友人のホテルに挨拶に行き,息子が気に入っているという中軽井沢の手打蕎麦を食べました。親子の食事会にしてはいささか簡素でしたが,新婦の場合と違い結婚の挨拶もなし,よいか。(iPhoneで撮ったため蕎麦を打っている音がかすかに入っています。)




翌朝,男性陣は,大したお支度もないので朝食は野菜とパンのバイキングにしました。御飯がないのがやや不満。
しかし,バイキングにもディナーがあり,そば粉のガレットが供されました。
これはおいしい。初めてのものでした。
そば粉のガレット.JPG

教会の挙式,そして歩いてすぐのホテルで披露宴,人生最初の息子の結婚と披露宴です。
結婚披露宴入口.JPG

教会での写真,披露宴での新郎新婦の写真は,息子に叱られるので割愛です。

よく見ると,息子も大人の風貌になっていました。

料理は,フランス料理か和食を選択するというものでしたが,メニューを見てもよくわかりません。私は洋食を選択しました。洋食のメインディッシュはビーフステーキかオマール海老のいずれかでした。私はステーキ。朝もパン,披露宴でもパン,和食にすれば良かったかな。いつものとおり写真を撮る前に料理に手が伸びます。その一部を紹介します。

料理1.JPGこれは,右が和食,左が洋食,これを食していずれかを選ぶということです。

料理2.JPGどのような食材か,確かにムール貝は使われている。ほかは見当がつきません。

料理3(真鯛の?).JPG真鯛を焼いたものであることはわかります(ポワレか?)。

料理4.JPG蕪を使用しているのはわかります。トリュフソースだそうです。

料理5(オマール海老).JPGオマール海老とアスパラガス,友人の小田さんが食べました。

料理6(牛ステーキ).JPGもう一つのメインディッシュ・ビーフステーキとアスパラガス,私はこちら,友人の五竜さんもこちら。おいしい。

料理7(名不明).JPG
料理7(蓋を取る).JPG花の蓋を取ると木苺や果物が入ったデザートか?

このような調子で,普段食べつけていない洋食は,どのような調理か,なんという料理か,材料はどのようなものか,さっぱりわからないまま食べつくしました。その点,和食は自信があります。
いつも食していますから。

そうこうしているうちに,終わりの時間となりました。

新郎の父ということで,両家代表挨拶,原稿なしの出たとこ勝負,用意していたのは一つ,現代百人一首(朝日新聞社刊,岡井隆編)から一首,葛原繁の「愛情は激しきものか 愛情は積み重ねゆくものにあらぬか」を新郎新婦に贈りました。その他はアドリブ,生涯で一度のセレモニーでした。

青森に帰ると土砂降りでした。









nice!(0)  コメント(2) 

謹賀新年2017 [くらし]

謹賀新年


酉2017-1.JPG

2017年が静かに明け,雪の少ない正月を迎えました。

暮れは,仕事の締めくくりをし,2016年はほぼ前年通りの仕事をすることができました。
これというのも,お付き合いいただいたお得意様,そのお得意様の声を聞き新たにお仕事のご用命をいただいた方,誠にありがとうございました。

正確迅速,信義誠実を旨として仕事に向き合いたいと存じております。

何分,高齢者のことゆえ,仕事にはゆとりをもって取り組み,趣味・道楽の世界も楽しみたいと念願しております。
2017年も,老人の気ままな当ブログをよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 

私の2015Topics③ [くらし]

クリスマスまでは雪のないこの冬でしたが,寒波襲来とともに,青森市もいつも通りの白一色に被われています。今日は大みそか,2015年の総括3回目です。

「トレッキングと山の花」
①センブリ
この1,2年秋になると探し回ったセンブリにやっとめぐり会いました。雲谷ヒルズのKさんに教えてもらった星形の花,感無量でした。

センブリ6.JPGセンブリ1.JPG

②ヒメホテイラン
毎年,雪が消えると同時に咲くヒメホテイラン(姫布袋蘭)は,この時期になると是非見たい花です。
私が足を運ぶ山にも,1年で最も訪れる人が多くなります。
今年は,このヒバ林の妖精をたくさん見ることができました。

姫布袋蘭.JPGIMG_3749.JPG

③ミチノクコザクラ
岩木山は郷土の守護神。子供のころ,朝な夕なに岩木山が見えていました。
岩木山の頂上直下,種蒔苗代の雪渓が小さくなり始めるころ,岩木山の固有種ミチノクコザクラが咲き始めます。私に限らずたくさんの方がこの時期に岩木山を訪れます。

ミチノクコザクラ3.JPGミチノクコザクラ1.JPG

③眺望山
雪が消えると眺望山トレッキングを始め,雪が降るまで続きます。
今年は12月中旬まで眺望山に出かけることができました。トレッキングは私の健康保持の源,そして,山の花に会うことができます。
今年は,例年になくフデリンドウをたくさん見ることができました。
ブーケのようなフデリンドウ

フデリンドウ3.JPG

「仕事」
常々,仕事ほどほど,遊びほどほどと言っておりますが,徐々に仕事を減らし,遊びの比重を増やしたいと念願していますが,これがなかなか難しいものです。
今年は前年比1割減の事件数と踏んでおりましたが,11,12月に相続登記が多かったので,例年よりも少し多かったかなという程度の事件数でした。

しかし,仕事を減らすことなしに,夢も実現できません。
ローマの遺跡,スコットランド,ドイツも行きたいな。

夢を最後に2015年の総括を終わりにします。

本年中,つたない当ブログをご高覧いただきありがとうございました。





nice!(0)  コメント(4) 

私の2015Topics② [くらし]

これまで,自分で計画し,自分だけの一人旅は初めてでした。
時間に縛られず,旅先で会う人もいない,勝手気ままな一人旅,北信州,そば,栗,北斎を巡る旅になりました。

①戸隠のそば
戸隠神社の門前は,そばの名店が目白押し,食べました。
独特のぼっち盛り,辛目のそばつゆで随分食べました。
どちらの蕎麦店も店先に椅子が出され,3,40分待ちで,しかも,蕎麦手形でそばのはしごをしています。

うずら家1.JPGうずら家ざる1.JPG

②小布施の栗,北斎
小布施は栗の町,そして葛飾北斎の晩年の肉筆画のある町です。観光に力を入れています。
小布施の焼栗を食べ,岩松院の天井絵に圧倒されました。北斎が描いた当時の鮮やかな色彩がそのまま残されています。
「北斎館」にも肉筆画,版画の代表作など展示されており,絵画好きも満足するでしょう。
焼栗3.JPG北斎館.JPG

③善光寺
善光寺は宗派に属していない大きなお寺です。
参道脇の仲見世,それに続く大通りも門前市をなし,長野市は古くから善光寺の門前町として栄えたところです。さぞ新年の初詣で賑わうことでしょう。
参道.JPG本堂1.JPG名物七味.JPG


来年春に戸隠神社奥社に足を伸ばし,春の花を見るトレッキングをしたいと,来年のことを考えています。
もちろん蕎麦は欠かせません。実現するかな?




nice!(0)  コメント(0) 

私の2015Topics① [くらし]

今年も今日,明日の2日を残すのみとなってしまいました。
この1年を振り返りながら,新しい年への思いなどを綴りたいと思います。

「音楽」
①2月のN響定期公演
庄司紗矢香(Vn)のソロで,シベリウス「ヴァイオリン協奏曲」を聞きました。念願かなって彼女のステージに接し,満足でした。名曲名演でした。今度はリサイタルに出かけたい。
庄司紗矢香.png

ユーチューブのチャイコフスキー・Vn協奏曲で彼女の演奏を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=N3YKSVHWNpw&feature=player_detailpage

②10月1日,NHK音楽祭
老マエストロ,ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン交響楽団の演奏で,「ヘンリー・パーセル(スタッキー編曲)/メアリー女王のための葬送音楽」,「ベートーヴェン/ピアノ協奏曲4番(マレイ・ペライア(P)」,「ブラームス/交響曲1番」でした。
ペライアの4番のコンチェルトは聴きごたえがありました。ブラームス1番は,ハイティンクのおはこのように聞こえました。
最初に演奏されたパーセルは,短い曲ながら圧巻でした。パーセルの曲をアメリカの現代の作曲家が息を吹きこんだかのように,現代のオーケストラの演奏は,まぎれもなく中世イギリスにいざなう曲でした。
大太鼓の強い音が今でもよみがえります。
ハイティンク.jpg

CD
今年聞いたCDで私のベストは,ダイアナ・クラール「wallflower」です。
midoriさんから頂いたのですが,ジャズシンガーとしては,以前から知っていました。
彼女の魅力的な声,歌唱力,そして編曲いずれもが素晴らしい。
トラック最初の「夢のカリフォルニア」を聞いただけで,このCDのとりこになります。
ダイアナクラール.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

かりん酒 [くらし]

今日は果実酒のことです。
先日,弘前市弥生の友人Oさんを訪ね,かりん(花梨)をいただいて帰りました。
マルメロもかりんもバラ科で,秋に黄色の実をつけますが形が異なります。

まるめろ1.JPGまるめろ2.JPG

かりん.JPG

木になっている丸いものがマルメロ,お盆にのっている長い形がかりんです。
我が家にもマルメロの木があり,毎年実をつけるため,カリンをいただいて帰りました。

マルメロもかりんも,バラ科の近縁種,果実は固く渋いので生食はされませんが強い芳香があり,のどに効くとと言われ,のど飴にもなっています。

かりん酒を作ることにしました。
実をきれいに洗い,水けを取ります。
35度の焼酎1.8㍑に氷砂糖600g,かりん6個を広口瓶に漬け込みます。
一般的には,かりんを輪切りにしますが,我が家では切らずに果実丸のまま漬け込みました。
2年前に作ったかりん酒(製法は同じ)をたまに飲んでいますが,微妙にマルメロ酒とは異なり,カリン酒はやや酸味があり果物の味がします。

津軽では珍しいかりんですが,マルメロとは微妙な味の違いを楽しめます。
マルメロ酒もかりん酒も,ロックで寝酒。のどに効けばなおよろしい。
ちなみに,マルメロはポルトガル語由来の名だそうです。




nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年2015 [くらし]

明けましておめでとうございます

雪模様の新年を迎えました。
昨年中は,気ままな当ブログにアクセスいただき,誠にありがとうございました。
私の食の欲求を満たしていただいている,「はた善」のおせちで年を越し,新年を迎えました。
おせち2.JPG
我が家で作ったものは,茶わん蒸しだけ,これにワインで年を越しました。

2014年トピックスで取り上げなかった映画について
新作は見ませんでしたが,2014年前半で心に残ったのは,古い作品ですが,ヴィスコンティ作品「山猫」と「家族の肖像」です。没落貴族を演ずるバート・ランカスターに唸ります。

今日からの4日間は,アマゾンで購入した廉価版「イタリア3大巨匠名作集」を見ます。
ヴィットリオ・デシーカ
自転車泥棒,靴みがき,終着駅,ウンベルトD
ルキノ・ヴィスコンティ
郵便配達は二度ベルを鳴らす,ベリッシマ
ロベルト・ロッセリーニ
無防備都市,ドイツ零年,戦火のかなた,神の道化師.フランチェスコ
イタリア映画名作.jpg

確定申告のためにやっておくべき作業は済んだので,古いイタリア映画で残る休暇を楽しみます。

本年も気ままな当ブログをよろしくお願いいたします。




nice!(0)  コメント(0)