So-net無料ブログ作成
モーツァルト ブログトップ

キーシン/ピアノ協奏曲20番,27番 [モーツァルト]

今日も暑い。雲のなかに青空が見える。涼しかったと思ったら,また暑さがぶり返した。
昨日は八甲田に出かけたので,今日は,自宅で休養と明日の仕事の準備少々。

仕事をしながら,キーシンの弾き振りで,モーツァルトのコンチェルト20番,27番を聴いた。
キーシンのピアノと指揮,クレメラータバルティカ
20番はベートーヴェン,27番はモーツァルト自身のカデンツァである。

私は,キーシンの巨匠への道を追いかけている。
彼のきらびやかさとかけ離れた実直なピアノが好きなのである。

この演奏は,グルダの転がるようなピアノとも,内田光子の入魂の激しいモーツァルトとも異なる,華やかさ
よりも,キーシンの心の内を聴かせてくれるような演奏である。
20番第1楽章は,交響曲を聴くような重厚な響きである。

キーシン/モーツァルト20・27番.jpg

日中は暑さのため,事務室で仕事も音楽も手につかなかったが,やっと仕事と音楽に向かうことができた。





ハスキルと内田光子のモーツァルトP協20番 [モーツァルト]

最低気温-8度,最高気温+2度,晴れ間が出ている。関東では雪が降ったらしい。

昨日の対アメリカ戦はミリ差の勝利,今朝の対カナダ戦は1点差の惜しい敗戦。チーム青森に夢をかけている。

今日は,過払い返還金を依頼者に手交するため,銀行に出かけ,夕方返還する。5社共に過払いが発生していたので,すべての会社と折衝し,和解が成立した。各社とも支払が延びてきており,1月の折衝では8月支払という大手があった。
そろそろ,経営が立ち行かなくなる会社が続出するのではないかという気がする。

午後は,先ごろ届いた,クララ・ハスキルと内田光子のモーツァルト/ピアノ協奏曲第20番を聴く。
クララ・ハスキルはmidoriさんの推薦,「CDの名盤」でも各氏が取り上げている。
この曲はハスキルのオハコだと言う先生がおられるが,なんと,確認できるだけで18種の録音があるという(福島先生)。今回は指揮イーゴル・マルケヴィッチ盤(ステレオ)。ハスキルのピアノは1~3楽章を通して,一音一音がくっきりしており,純粋無垢の演奏である。
かつて,ウィスキーのCMで「何も足さない何も引かない」というのが流行したが,そのとおりなのである。

以前に書いたグルダの演奏は,玉を転がすような演奏だが,内田光子の演奏(今回はDVD)は弾き振りで,ハスキルともグルダとも異なる,スリリングかつ劇的な演奏だ。

三者三様,モーツァルトの奥深さを聴かせてくれる。

それにしても,ハスキルの一音一音に心洗われた。
クララ・ハスキル.jpg
内田光子2.jpg

モーツァルト ブログトップ