So-net無料ブログ作成
多重債務被害者救済 ブログトップ

完済 [多重債務被害者救済]

10日ほど前,Tさんから電話があった。
「支払いが終わったよ!」というものだった。

3年前,消費者金融からの借金について,債務整理をしたいという相談を受け,Tさんの代理人としてTF社と折衝し和解した。
結果は,過払いはなく,残債務について毎月の分割払いにより返済をはかるというものだった。

この間,何度か返済が苦しいと相談があったが,なんとか完済にこぎつけたのだ。
「先生のおかげで」と言われたが,今の仕事をしていてこのような嬉しいことはない。

小生が司法書士を開業したころは,Tさんのような債務整理の依頼が相次いでいたが,現在はほとんどない。
消費者金融各社の貸付も利息制限法を順守するようになり,過払事案がなくなったことと,過去の過払については,ほとんど請求がなされたためか。
加えて,中央の弁護士法人の地方への進出により,そちらに依頼が向いているのかもしれない。

TF社から代理人である小生宛てに,完済による当初の契約書類が送付された。
結末まで見ることができ嬉しかった。

しかしこのような嬉しい事例ばかりではない。
残債務について和解したあと,行方がわからなくなり,債務は履行されないということがある。
小生としては,代理権の消滅通知をすることになるが,骨を折って和解にこぎつけた身には残念な思いが残る。

新米の司法書士の修業は続く。







nice!(0)  コメント(0) 

消費者金融TFの行方 [多重債務被害者救済]

今日は朝からどんより曇っている。いつ雨がこぼれるかしれない空模様である。
昨日から涼しいので,エアコンのスイッチは無用である。

2,3日前,昨年会社更生が開始されたTF社の管財人から,「更生計画案」が届いた。
全国的には巨大な過払債務を負っており,私の依頼者には,「微々たる返還しか望めないかもしれないよ」
と,話していた。

今回示された計画案では,過払額のおよそ3%が返還されるようだ。
一方,全国的に返還訴訟が提起される(されている?)動きがあり,その成り行きでは,返還が先延ばしに
なるおそれがある。

依頼者には気の毒だが,もう1年早く当事務所に連絡してくれれば,何とかなったのであった。

国外にいる創業者の一族の所得に対する課税が,裁判により取消されたが,その所得の元は創業者か
らのものではないか。
過払債権者救済に手はないのだろうか?




nice!(0)  コメント(0) 

青森りんごの会 [多重債務被害者救済]

朝から青空で暖かい1日だったが,3時過ぎから黒い雲が覆い始めた。明日は雨か?

このほど,弁護士,司法書士,各地区市民団体等の尽力によって,青森県に「青森多重債務被害をなくす会(青森りんごの会)が発足した。

この会が,”生きるためにある生活”とささやかな”夢”をつなぐ架け橋になるようにと,支援を呼びかけている。

早速,会員登録した。簡裁代理認定司法書士として,困っている人たちの相談に耳を傾け,不安を取り除くことがまず最初になすべきことではないかと思っている。それが司法書士の使命ではないか。

3時ころ,以前,midoriさんからのコメントにあった,ギドン・クレメル/マルタ・アルゲリッチによるベートーヴェンのヴァイオリンソナタ1~3番のCDが届いた。クロイツェルの火花散る演奏とは異なり,しなやかで伸びやかな演奏である。両者共,ぴったり息があっており一分の乱れもない。midoriさんご推奨のとおり,何の抵抗なく自分の一部となる。

このCDの前に,クレメルのバッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータを聴いていた。こちらの方はクールでダイナミックであり,バッハの奥深さを感じさせられた。

明日は,今回の「青森りんごの会」発足以前からの予約で,多重債務の相談2件を予定している。
グレーゾーン解消まであと僅かだが,困っている人はまだまだいるのである。




多重債務被害者救済 ブログトップ