So-net無料ブログ作成

青森ねぶた2019 [季節]

青森も猛暑が続いています。
青森ねぶたは8月2日から始まり,6日まで夜間運行,今日7日は日中運行し,夜,ねぶたを船にのせて海上運行で祭りが締めくくられます。
ねぶたの海上運行のバックで花火大会が行われます。

今年のねぶた(日立連合)
IMG_2084.JPG

過去の動画ですが参考までにどうぞ。
https://youtu.be/U6wdB7aOs3s

ねぶたが終わるともうすぐお盆です。お盆には涼しい風が吹くとは過去の話,9月になってもこの暑さは続くのではないでしょうか。

今日は,午後国道の通行規制があるので,仕事は休みます。


nice!(0)  コメント(0) 

マタタビ2019.8.4 [季節]

梅雨が明けたと思ったらもう8月,梅雨明け直前から猛暑が続いています。

先週木曜の午前中,キノコ名人と共に眺望山のミズ採りに出かけたので,今週の猛暑の中の眺望山トレッキングは中止にしました。熱中症になったのでは,体力増強も台無しです。

今日は,公務員時代のkudo先輩が亡くなってから1年のお参りに行ってきました。
私の山,海,川の大先生でした。若いころの遺影に向かい話しかけました。山道を歩くといつも思い出しています。

帰り道,1か月に花の写真を撮ったマタタビの花が実をつけた様子を見に行きました。

成っていました。また旅に出るからついた名だという説がありますが,どうでしょうか。
確かに,猫が寄ってきますが,人間の力になるのかどうか。私は,マタタビの花が好きなだけです。

ひと月前のマタタビの花
マタタビ4.JPG

結実しておりました。3枚目は虫果です。こちらの方が薬効があるのだそうで珍重されるようです。
IMG_3028.JPGIMG_3025.JPGIMG_3022.JPG

薬効のほどは試していませんが,我が家にマタタビ酒がありまして,サイダーで割ると香ばしくて美味しくいただけます。夏を乗り切るにはいいかもしれません。


nice!(0)  コメント(0) 

桜開花2019.4.19 [季節]

昨日4月18日の日中は24℃。今日は20℃に達しないようですが青空が広がっています。
今朝は朝から洗車と理髪屋に出かけたところ,眺望山の山友,鉄人とばったり会いました。
明日は土曜,山で会うかな?

我が家の春の花形選手がお目見えです。

まずは桜。1,2輪花が開いていますがこれからです。
桜.JPG

白木蓮は,今がちょうど見頃です。これから花が開くと風で花びらが折れます。
開花直前が一番!青空に映える白木蓮。
白木蓮1.JPG白木蓮2.JPG

我が家には梅が2本ありますが,いずれもカミさんが試行錯誤の上,梅干になります。
今年はどうか。
梅1.JPG梅2.JPG梅3.JPG


例年よりも10日くらい遅れて,お得意さんのおかげでスタッドレスから夏タイヤに交換しました。いよいよ野外活動本格化です。



nice!(0)  コメント(0) 

梅開く2019.4.16 [季節]

我が家の梅が開きました。
例年と同じくらいかな?
雪が降っても,寒くても,時期が来れば季節はやってきます。

仕事で出かけていて,カメラを向けたのが午後4時ころになりました。

我が家の梅開花
梅.JPG

ハクモクレンの白が出てきました。
ハクモクレン1.JPG
ハクモクレン2.JPG

ソメイヨシノの蕾が膨らんできました。まだ美しくはありません。
ソメイヨシノ.JPG

先日,竜飛で見た珍しい?花の蕾,咲くころにまた出かけてupします。
山の蕾.JPG

本格的な春を迎え,今日の車の外気温計は18℃でした。


nice!(0)  コメント(0) 

春到来2019.3.10 [季節]

7日木曜は寒い日でしたが,ほかは10日ほど暖かい日が続いています。
今日も10度を超えるようですから,この分だと桜の開花は相当早そうです。

我が家にも春の訪れの第一,アカバナマンサクの濃いエンジのリボンのようなが咲き始めました。
一般的なものは黄色のキバナマンサクです。
この木は,弘前市弥生の友人,小山内さんからいただいたもの。小山内さんは昨年10月に亡くなりましたが,私にとって兄貴のような人でした。
毎年,アカバナマンサクを見ると小山内さんを思い出すでしょう。

アカバナマンサク2.JPGアカバナマンサク3.JPGアカバナマンサク1.JPG

我が家では,桜の直前に咲くのが白木蓮です。
寒い冬をじっと耐えて,大きな白い花を見せてくれるでしょう。
まだウールのコートを羽織っています。

モクレン1.JPGモクレン2.JPG

昨日土曜は,眺望山の雪の具合を見に,簡易型カンジキを履いて少し歩いてきました。
山は,例年よりも雪が少ないので,4月中頃には山頂まで行けるかなと思っています。
それまで,足慣らしをしなければ。




nice!(0)  コメント(0) 

八戸のえんぶり [季節]

18日月曜日,八戸に仕事があり,八戸市庁舎近くの得意先銀行に出かけたのですが,おりしも伝統行事「えんぶり」の日でした。
支店に入ろうとしていたら,この地域の「内丸えんぶり組」が支店に入ろうとしていました。
えんぶり組の責任者に,「支店の中で見てください」と言われ,店舗の中の演武(「すり」という。)を仕事先で,予期しないえんぶりを楽しみました。

IMG_1915.JPGIMG_1916.JPG
IMG_1919.JPGIMG_1926.JPGIMG_1927.JPGIMG_1930.JPG
営業カウンター前で,子供たちが口上を述べ演技します。後ろには烏帽子をかぶった太夫と笛,春を迎える,鎌倉時代に歴史をさかのぼる民俗芸能です。えんぶりの時期は,寒さが一番厳しいのですが,この日は暖かい日でした。

目抜き通りにも次から次へと各地区のえんぶり組がやってきて演技をしていました。
魚屋さんの前では,釣り竿を持った恵比寿様がえびす舞の口上と演技,釣り竿で鯛を釣り上げる場面です。道を通る人の拍手喝さいを浴びていました。
IMG_1936.JPGIMG_1937.JPGIMG_1942.JPG

青森県でも津軽地方の「ねぶた」と南部地方の「えんぶり」,甲乙つけがたい楽しい祭りです。


nice!(0)  コメント(0) 

冬りんご2018.12.18 [季節]

青森の野山は雪,雪。
弘前市弥生の友人Oさんが10月に亡くなり,遺産の相続について書類を届けるため岩木山の麓まで出かけました。
Oさんとは,公務員時代から懇意にしていただき,岩木山に登るたびに顔を出し,珍しいりんごをごちそうになりました。私よりも2歳年上,長年足腰の難病を患いながらリンゴ農家として,一家言を持つ人でした。

弥生のご自宅に向かう途中,雪の中のりんご園に獲り残された黄色のりんごが寒空に輝いて見えました。忘れたのではなく,あえて残したのでしょう。子供のころ,1,2月のリンゴ畑で,凍ったりんごを探して食べたものです(凍みりんご)。

冬りんご1.JPG冬りんご2.JPG

真正面に見えるはずの岩木山は,雪雲に覆われ姿を見せてくれませんでした。
Oさんが懐かしい。



nice!(0)  コメント(0) 

雪の山茶花 [季節]

大雪の峠を越えたようですが,今日も冬型の気圧配置です。
こう雪が多いと,眺望山入り口がどのようになっているか,出かけることもためらわれます。

いつも通る道路端に山茶花がありますが,一気に降った大雪で花もダメージを受けました。
それでもけなげに咲いています。

山茶花1.JPG
山茶花4.JPG山茶花2.JPG山茶花3.JPG

雪が落ち着いて,この後雪が消え,年内中の根雪にはならないように祈るばかりです。
ことしもあと半月。
nice!(0)  コメント(0) 

夏の大三角 [季節]

最近,眠りにつく前,11時ころに玄関を出て天上をしばし眺めています。
市街地でも,案外,星が見えるものです。
街の明かりや月の明かりで,天の川を見ることはできません。

じっと目を凝らし,次第に目が慣れてくるので,目が弱くなった私でも,明るい星が天頂に輝いているのが見えてきます。
まず,ベガ(織姫),アルタイル(彦星),デネブ…これで夏の大三角。
このほかにもたくさんの星が見えています。

若いころ,夜釣りをしながら,夜の星を眺めていたものです。


↓(夏の星の講義です)

https://youtu.be/C2trCH-QFSs?t=12





nice!(0)  コメント(0) 

盆のハス田 [季節]

今年も8月13日は,我が家の墓と郷里の祖父母の墓にお参りしました。
1年に1,2度しか行かない郷里ですが,祖父母の眠るお墓にも,祖父母のほか,同居していた叔母や母の弟が亡くなり親と一緒に眠っています。

墓参のたびに,道路脇にある蓮田を一巡りします。
蓮田にある水生植物を見るのが目的で,特に「オモダカ(澤瀉)の白い小さな花を見たいと足を止めるのです。
しかし,今年はオモダカが見えませんでした。開花が早かったのかもしれません。

コウホネ1.JPGコウホネ2.JPG
咲いていたのはコウホネ。そして,蓮の花が少し。
蓮1.JPG蓮2.JPG

年々花の時期が早まっているような気がします。





nice!(0)  コメント(0)