So-net無料ブログ作成
季節と食 ブログトップ

吹雪の道・ヨモット [季節と食]

今日は最高気温が+になり,晴時々曇り。

3日の雛祭りの日,息子と一緒に蓬田村に所用で出かけた。最高気温-5度。真冬日,折りしも吹雪。
助手席の息子にカメラを渡し,車内から冬道を撮ってもらった。

青森市に向かう冬の道は猛吹雪。
冬の道2.jpg

それでも,時折吹雪が収まると青空が見える。
吹雪の道1.jpg


息子は東京に帰ったが,今日も女房と蓬田に出かけた。
お決まりのヨモットを調査。春の魚,蟹が多くなった。

南では珍しい「アメマス」,これは,降海型岩魚である。緯度が高い地方の特徴で,海で岩魚が釣れたり,
すぐ海の見える川で岩魚が釣れるのは,ほとんどアメマスである。網に入ったアメマスが売られていた。
値札のコチは隣のマゴチのものだが,コチの旬は夏,コチのアライも捨てがたいが季節ではない。
アメマス.jpg


巨大なババガレイ,発泡スチロールの魚箱から尾びれが出そうである。
津軽ではカレイの煮付けの代表である。子持ちのものは珍重される。宮城県ではナメタという。
ババガレイ.jpg

春の代表の一つ水草ガレイ,大きなもので1枚600円。これも子持ちの塩焼きは大好きだ。
水草ガレイ.jpg


もうトゲクリ蟹が出ている。写真のものはメス。蟹味噌と蟹の子。いよいよ春だ。
トゲクリ蟹.jpg


迷ったあげく,カレイに。そして,水草にするか子持ちの真ガレイにするか?どちらも,今晩の塩焼用。
真ガレイにした。二つに切って女房と仲良くか?


今夜は調査士のOさんからいただいた函館ワインを試してみる。私は,魚でも赤ワイン。漬物でも赤ワインで
ある。


nice!(0)  コメント(2) 
季節と食 ブログトップ