So-net無料ブログ作成

上海・豫園 [旅行]

7月に結婚した息子夫婦が7日に里帰りしました。

年末,息子夫婦は上海旅行し,上海のお土産と中国の現在を聞きました。

上海は,中国の経済特区ですが,日本の40年くらい前の状況でしょうか,空はグレー,青空は見なかったようです。


観光地「豫園」です。この庭園は中国明代に築造されたもので,上海随一の観光の名所だそうです。

上海・豫園*.jpg


豫園3.JPG
豫園4.JPG
豫園の外(お茶屋さん).JPG

息子のお土産は中国茶のセットでした。
IMG_1860.JPG

息子は帰省しましたが,翌日帰京。
土産のプーアール茶を飲みました。これが中国の茶,うまい。





nice!(0)  コメント(0) 

滋賀・京都の旅 [旅行]

12日金曜から,15日月曜まで休みをとり,滋賀・京都の旅行をしました。
目的①:30数年前の東京での長い研修仲間Iさんと,親しくしていただいているSさんを訪ねる旅,②:息子の赴任先である京都に,勤務先がどのような所か,そして,彼のこれから先のことについて話をしたかった。この2つが目的でしたが,そのほかは計画のない気ままな旅でした。

①滋賀の旅
出発時のニュースでは,北陸本線が大雪のために電車が立ち往生しているらしいということでした。しかも,これから向かう先は,鉄道が雪のためたびたび話題に上る東海道本線「米原」から北陸本線を北上する「長浜」です。北陸本線は大雪のため特急列車が立ち往生していました。
長浜までは大丈夫,無事到着しました。
夜は,もてなしていただき,美味と美酒にすっかり酔っぱらいました。

翌日は,琵琶湖のほとりの名城・国宝「彦根城」,天下の名城です。
彦根城天守.JPG彦根城天守2.JPG彦根城天守3.JPG
石灯籠.JPG

石垣に守られた堅固な天守閣,そして,庭も見事でした。

城からは,名山「伊吹山」標高はさほどですが,頂上から急に落ちる絶壁は険しさを感じさせます。
伊吹山.JPG

②京都
米原から京都,そして我が家の仏様の総本山,知恩院へ。着いたのが午後4時を回っていました。
残念,午後4時で閉門でした。
せめてもの,総本山「知恩院」の大三門。
知恩院三門2.JPG知恩院三門1.JPG

やむなく,引き返しました。

一夜明けて,京都はうっすらと雪でした。
五条から電車を乗り継ぎ東山に,そして,滑る道を十数分,「青蓮院門跡」を通り,知恩院に着きました。
青蓮院青蓮院.JPG

雪の知恩院は,僧侶が石段の雪を掃き,大木とお寺の屋根に雪。改めてお参りした甲斐がありました。
知恩院雪2.JPG知恩院雪1.JPG

除夜の鐘でおなじみの,知恩院の「大鐘」,なるほど巨大な鐘です。
大鐘.JPG大鐘2.JPG

そのあと息子の勤務場所に行き,夜は京都駅のホテルで息子と一緒に酒を飲みました。
息子は忙しそうで,早い時間に分かれました。

翌朝,国の造営になる「東寺」に出かけました。ここは,息子が幼稚園のころ,親子3人で講堂や国内最大の「五重塔」,宝物殿」は見ていましたが。今回の大きな目的がありました。
写真は,五重塔と右は金堂です。
東寺五重塔.JPG金堂.JPG

京都の旅,ガイドブックを見て,是非,知恩院と東寺で,御朱印をいただこうと目標を定めていました。
その①,知恩院で「法然上人」「阿弥陀如来」「弥勒菩薩」の御朱印。
法然上人.JPG弥勒菩薩.JPG

②東寺の「弘法大師」「大日如来」「薬師如来」
弘法大師.JPG大日如来.JPG

弘法大師のお札
弘法大師お札.JPG

信仰心など皆無の私ですが,知恩院も東寺も歴史へのいざないと文字の魔力に突き動かされ,両寺に吸い寄せられました。
「南無阿弥陀仏」そして「南無大師遍照金剛」,にわか仏教徒をお許しください。合掌。


nice!(0)  コメント(0) 

信州の旅(そば.栗.北斎)その3 [旅行]

信州旅行の最後の日。
長野と言えば善光寺,信仰心のない私ですが,興味はありました。
ホテルでパンと飲み物で軽い朝食を済ませ,バスで大門前まで。
9時前でしたが,既に大型バスで大勢の参拝客が訪れていました。

参道2.JPG

国宝仁王門
仁王門.JPG阿形像.JPG吽形像.JPG

巨大な木造建築に圧倒されます。
本堂2.JPG

大本殿に圧倒され一巡り。

本堂1.JPG本堂3.JPG本堂4.JPG本堂6.JPG

宗派に属さないお寺だそうですが,境内には浄土宗,天台宗のお寺があるようです。
本殿でお賽銭とお参り,そして,善光寺と文殊菩薩のお札を求めました。
文殊の智慧などもう効き目がないでしょうが,仏壇に納めました。

境内を一巡して参道を後にしましたが,善光寺は長野市の中心部よりも標高の高い台地にあるようで,市街地が低く見えています。善光寺平と言われていますが,それを実感しました。

バス通りにもたくさんのお土産店があり,蕎麦屋では朝から蕎麦を打っていました。
軽い朝食だったのと,信州最後の打ちたての誘惑に逆らえずざるそばをいただきました。

ざるそば.JPG

美味しい,しかし,つゆは濃い目が好みです。初日の戸隠の方が口に合っているようです。

そば屋を出ると,唐辛子の立派なお店がありました。
善光寺みやげの中でも全国に知れ渡っている一味と七味のお店です。
我が家でも息子大学時代の長野のお土産がこれで,市内のスーパーにもおいてある同店の詰め替え用を使用しています。

名物七味.JPGスパイスジェラート.JPG七味ゴマふりかけ.JPG

スパイスの効いたジェラート,大きな缶は,ゴマの入ったふりかけです。
こちらの店は「根元 八幡屋礒五郎」,元祖ではなく根元と称しているのが興味深い。古来からのいわれがあるのでしょう。

信州の旅は,善光寺の唐辛子でおしまいです。

旅の総括
そば,栗,北斎を目的とした信州の旅でしたが,そのいずれも満喫しました。
そば屋の多さに圧倒され,小布施の栗をたくさん食べ,北斎の美に魅入られました。
そのほとんどはmidoriさんからアドバイスをいただきました。
旅の最後に善光寺にお参りしましたが,文殊の智慧ももう手遅れでしょう。

人と会う約束のない,時間の制約もない一人旅は気楽でよいものです。

旅で使用したカメラは先月導入したおもちゃのようなミラーレスでした。小さいので携帯に便利です。









nice!(0)  コメント(2) 

信州の旅(そば.栗.北斎)その2 [旅行]

前日の戸隠神社とそば三昧を終え,翌6日は小布施に。

戸隠から小布施には直通のバスなどはなく,一旦長野駅まで戻らなければならないということです。
長野駅に降り立った時の私の第一印象は,「長野県は高い山々に守られている」でした。
青森市は八甲田があるにしても1500mほど,市内は坂がなく平坦,ほとんど真っ平の場所で生活しているようなものです。

朝,山道をくねくね曲がりながら戸隠からバスで長野駅まで1時間半弱,山を下り終えると,いきなり善光寺です。そして長野駅,長野駅から長野電鉄で小布施に着きました。

岩松院仁王門.JPG
岩松院.JPG

小布施は,葛飾北斎最晩年の肉筆画を描いた地として知られています。
その一つが「岩松院」にあります。立派な仁王門をくぐり,本堂に上がると鮮やかな彩色の鳳凰が頭上に現れます。
165年前に描かれた天井絵の鮮やかな彩色に驚きます。肉筆画そのものに補修など一切されていないそうですから,使用された顔料の質の良さがうかがえるということでした。

岩松院から20分歩いて「栗の小道」,まず焼栗を買いました。
美人姉妹が店を切り盛りしていましたが,栗が焼きあがるまで10分,昔懐かしい鉄の圧力釜から皮が割れた焼栗が出てきました。

焼栗1.JPG焼栗2.JPG焼栗3.JPG

紙コップ山盛1杯400円,3杯分で1000円。3杯分を買いました。店先で数個試食。甘くてうまい。

次は,北斎館の版画と肉筆画を見ましょう。
弟子たちの版画,肉筆画も展示されていて,大型スクリーンによる解説もなかなかのものでした。
印象派や西洋の生活様式にまでに影響を与えた日本の浮世絵,別けても北斎はその代表だったようです。
西洋絵画だけではなく,北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」はドビュッシーに交響詩「海」を書くインスピレーションを与えたと言われています。

北斎館.JPG

北斎館にも北斎の肉筆画の大作「祭り屋台の天井絵・男浪と女浪」大きな波二つがしぶきをあげています。
岩松院と北斎館の肉筆画に,北斎と言えば版画というイメージを捨てさせる力がありました。

小布施は栗を観光のメインに据えています。
少し遅い昼食にしました。栗おこわにしました。

栗おこわ.JPG

お土産に栗のお菓子も買い,北斎を見て,小布施で,旅の目的「栗,北斎」二つをクリアです。

電車を待つ小布施駅から,遠くに飯綱山(かな?)の台形の山頂に夕日が射している姿が見えました。
信州は山の国。

岩綱山夕景.JPG









nice!(0)  コメント(0) 

信州の旅(そば.栗.北斎)その1 [旅行]

春から計画し,やっと信州の旅が実現しました。
そして,年寄にはうってつけのJR東日本のリーズナブルな列車のチケットを利用して,初めての信州長野に出かけました。11月5,6日の平日を休業し,7日土曜まで3日間の旅でした。

1日目:戸隠そばの旅

新青森を8時前に出発して12時少し前に長野駅に到着しました。
バスで戸隠まで行くのですが,お昼の腹ごしらえに駅そばを食べました。
戸隠でそば三昧となるのに,駅そばですが,そばどころの駅そばはどのようなものか,興味がありました。
たくさんのきのこののった「きのこそば」,信州は駅そばでもおいしい。

バスセンターで「そば手形」を買い長野駅前からバスで1時間半ほど,戸隠神社中社前まで。
本来は奥社まで行きたかったのですが,そばやさんが3時ころで閉まるらしいのです。そうでなくとも人気店は4,50分待ちのようですから,泣く泣く奥社を省略しました。

樹齢7,800年の杉が眼を惹きます。
御神木.JPG中社前3.JPG御神木2.JPG中社杉1.JPG

戸隠神社中社本殿と由来

中社本殿.JPG
戸隠神社由来.JPG

神社にお参りし,陽が傾きかけた神社後方を望む。戸隠山か?
戸隠山.JPG

戸隠は信仰の山であり修験道の山です。宝永年間の文献にも戸隠の蕎麦切りの記述があり,安永4年の文献でそばの産地として戸隠が挙げられているようです。戸隠の霧と戸隠山の水がおいしいそばを育んだのでしょう。神社にはそばを供えたようです。

私も,この旅の目的の一つを信州のそばを食すことにした次第です。畏れ多いことか。

人気の「うずら家」
旅行雑誌を見ても,この店は人気第一らしい。midoriさんからは,4,50分は待つらしいよと教えられていました。案の定,店の前はベンチに腰かけたお客さんがたくさん待っています。
メモに名前を記し近くの宿舎に荷物を預かってもまだ順番が来ておりませんでした。

そば手形.JPG
うずら家1.JPGうずら家2.JPG

40分後やっと戸隠のそばにありつけることになりました。
白菜の浅漬けつき,そして独特のざるの盛りかた,ぼっち盛というそうです。
ぼっち5つでざるそば1人前。私のそば手形は半ざる4人前ですが,3ぼっちです。

うずら家ざる1.JPG

コシが強くやや太いか。辛目のそばつゆであっという間に平らげた。
そこで,向かいの德善院の「極意そば」にはしごしたが,3時前にもかかわらず,もう店仕舞いだという。
頼み込んで手形1枚をお願いできることに。
宿坊をしていたというこの店は宿泊もできるという。

德善院蕎麦.JPG德善院ざる2.JPG

うずら家よりもやや細く,そばつゆも濃い目で,私にはこちらが好みかな?

そば手形が残っているし,もう少し食べたい。また向かいのうずら家に戻って,半ざる1枚を食しました。
よく食べるものです。この分だと,この旅で体重2キロは増加するかも。

夜食もそばでよかったのですが,たくさんの戸隠そばの名店は,夜の営業なしとのことでした。
やむなく当夜の宿,「国民宿舎宿坊横倉」へ。

国民宿舎.JPG

古い建物で,かつては戸隠神社の宿坊だったとか。
ユースホステルも兼ねていて,おいしい料理と五一ワインをいただきました。

それにしても,戸隠産のそば粉を使い,戸隠神社周辺のそば専門店の数に驚きました。
そして旅行第一日目は,そばに明け暮れました。

明日は,小布施の巻。








nice!(0)  コメント(2) 

函館旅行 [旅行]

26日(日)は,息子からのプレゼントの函館旅行。
函館はときどき小雨,涼しい北海道を体感しました。

カミさんとは久しぶりの函館でしたが,函館と言えば道楽の函館競馬です。
出発時に購入したスポーツ紙で勝負レースに狙いを定め,一路市電で函館競馬場へ。
函館競馬場は,スタンド正面に函館山を望み,遠くに津軽海峡,コース上空を飛行機が飛ぶ,歴史ある競馬場です。
当日は雨に煙る函館山が,時折,姿を現していました。

函館競馬場.JPG


狙いを定めた勝負レースが功を奏し,カミさんに少し豪華な食事とビールをサービスできました。
カミさんも少しは的中したようです。

駅前にホテルをとっていたので,
函館の夕食は,いつも赤レンガのビアレストランです。

2015-07-28.jpg


夏野菜のグラタン,ジャーマンポテトグラタン,ジャンボソーセージのパイと生ビール。
いつものダイエットを忘れたかのような食事でしたが,おいしい食事とビールでした。

夏のボーナスが出て,息子は親に旅行をプレゼントできるようになりました。
さらにカミさんには,翌日の「さだまさしコンサート」のおまけつきです。
息子は母への思いが強いのですね。

体重が少し増えたような気がします。


nice!(0)  コメント(0) 

別府温泉 [旅行]

14日,15日の2日間,大分県別府温泉に出かけました。
公務員時代の研修仲間の2年に1度の同期会です。
3月14日は北陸新幹線開通の日,東北新幹線も満席でした。
北陸に足を延ばした方も多かったのでは。

東京までは新幹線,東京から別府までは空の旅,快適な旅行でした。
飛行機では,往復ともクラスJを利用したので,足を伸ばすことができました。1000円だけのupですから十分です。

別府は日本一の湯之町,市内に2511の原泉があるそうですし,大分県は4800の原泉で日本一,2位の鹿児島県が2400だそうですから,まるでどこを掘っても温泉が湧出するほどでしょう。
香川はうどん県,大分は温泉県というところでしょうか。

周りを眺めてもこのとおり。白く立ち上るのは原泉の水蒸気です。

立ち上る.JPG

同期の皆さんの大方は一線から退き,30年前とは容貌も変わりました。頭の白さ,額の後退を隠せません。
愛妻連れも何人かおりました。夜も酒盛り,カラオケで盛り上がりました。

集合写真.JPG

ホテルは土日2000名の宿泊客を擁する大規模なもの,本館から大きなお風呂(棚湯という棚田のような浴槽が多数)まで長い廊下を延々1キロも歩きました。
これに懲りて翌朝は宿泊棟の地下の温泉にしました。これで十分。

別府は,黒田官兵衛と大友宗麟の息子が戦った地です。市内高台から陣地を眺めました。
そのあと名勝「海地獄に。
雨のせいか,湧き上がる水面が水蒸気で良く見えません。海地獄とは,水面が青く見えるからだそうで,ぼんやりと青く見えるのが水面です。

海地獄.JPG

温泉地獄の傍らで,梅が咲いていました。我が家の梅は固い蕾のままです。

梅.JPG

大分は竹細工が盛んなところです。竹工芸作家の第一人者が初めて人間国宝に指定されました。

別府市竹細工伝統産業会館の展示から
竹のアーチ
竹アーチ.JPG
バンブーハット
バンブーハット.JPG
竹工芸
竹細工3.JPG

名人たちの見事な作品がたくさん展示してありますが,撮影禁止でお見せできません。
いずれにしても目を奪われるものばかりでした。

とり天
大分の庶民の味「とり天」は,どこに行ってもメニューにあります。
簡単に言うと,鶏肉の天麩羅です。
うどんの全国チェーンで出される「とり天」というのがありますが,似て非なるものです。
大分のとり天は柔らかく美味しい。これに尽きます。昼は「とり天定食」を用意していてくれました。

やっぱり,写真を撮るのも忘れ,3分の1ほど食べてしまいました。
美味しさにつられて残る3分の2がこれです。いつもこの調子です。
大分に行かれたら是非「とり天」をお忘れなきように!
鳥天.JPG

この2日間で,せっかくのダイエットも大分リバウンドしてしまいました。

きょうからダイエットのやり直しです。







nice!(0)  コメント(0) 

五九楽会 [旅行]

昨日夜,有馬温泉から帰りました。寒さにビックリでした。
兵庫,大阪は,22度。青森に帰ると9度。おお寒い!

早速今朝は暖房のスイッチを入れました。数日続くらしい。
若いころは寒さ知らずでしたが,60の声を聞いてから,急に寒さを感じるようになりました。

今回の旅行は,昭和60年の秋,法務省で3か月の長期研修が行われ,その同期会です。
全国各地から60名,楽しく,苦しい3か月でしたが,今は全員退職し,第二の人生を歩んでいます。

59楽会.jpg

相変わらずスリムな友達,小生のようにおなか回りが目立つ者,体形は変わらないが白髪になった人,
しかし,30年近く前の話題は昨日のように鮮明でした。

IMG_0014.JPG


太閤の愛した日本一の温泉,料理もホテルも立派でした。牛肉の柔らかさ,車海老のぷりぷり感,普段
お目にかかれない贅沢なひと時でした。

翌日は,神戸異人館まで歩きましたが,神戸は坂の街,駅から異人館まで,石畳の上をとにかく上る
のです。毎週のトレッキングに匹敵するように歩き,着いたのは風見鶏の館,至る所の洋館は,すべて
有料です。おじさんたちは歩き疲れ,外から眺めるだけでした。
IMG_0020.JPG


山手から海の方に向って歩き,昼食は南京街,昼のセットメニューは量が多く,少しセーブしました。
IMG_0027.JPG

地図と時刻表を持たない小生を心配して,谷さん,松浦さん,田廻さんに,繁華街三宮駅まで送って
もらいました。地元の幹事は,さぞ苦労したことでしょう。
2年前鬼怒川で,次回は「有馬」でと言い出したのは私でした。
中村さんの話では,関西で有馬と白浜は別格ということでした。つまり,値段も別格です。
そのへんも苦労があったでしょう。ありがとう!次は,関東か九州か?九州のフグもいいですね?

青森空港まで1時間40分,青森の気温は9度と放送がありました。
東北は冬型の気圧配置,機内からの眺めははるかかなたまで雲でした。

IMG_0031.JPG


年をとっても,仕事に,趣味に,健康で向き合えるのが幸せです。そのように感じさせる旅でした。

五九楽会とは,第59回の研修だからです。数年前までは,五九同会でした。老境に差し掛かったという
ことでしょうか。


nice!(0)  コメント(2)