So-net無料ブログ作成
花とトレッキング ブログトップ
前の10件 | -

ギンリョウソウ2019.8.24 [花とトレッキング]

今日の最高気温は28度,朝のうちはまだ涼しいので眺望山に出かけました。

登山口の気温24度,涼しいうちに上りましょう。
ミンミンゼミが鳴いていますが,アブは少なくなりました。
歩き始めると雨,大降りはないと思いヒバの木の下で止むまで雨宿り,5分ほどで小やみになりました。登山道はヒバの大木があるので雨宿りができます。

24度とは言え,歩き出すと汗がでます。しかし,眺望山は海からの風が吹くので心地よい。

秋が近いのでしょう。ギンリョウソウが出ていました。
葉緑素を持たない植物ですが,キノコのような幽霊のような姿です。

ギンリョウソウ1.JPG
ギンリョウソウ2.JPG

眺望山の夏の花と言えばミヤマウズラです。途中の道端に咲いていました。
小鳥のくちばしのような小さな蘭科植物です。

ミヤマウズラ1.JPGミヤマウズラ2.JPG

例年眺望山の山頂付近に群生して花を咲せるミヤマウズラですが,今年は花が見えません。
気候のせいなのでしょうか。

山も秋の気配です。登山道の真ん中にキノコが生え出しました。
いよいよキノコ探しの出番です。

キノコ.JPG

今回もいつものとおり,帰り道でミズを二つかみほど採取,家族2人では十分です。
秋が深まればキノコ採りです。


nice!(0)  コメント(0) 

ヒトリシズカ2019.5.6 [花とトレッキング]

長い休日が終わりました。
休日明けですが,今日の仕事の予定はなく10連休の延長のような1日です。

昨日は,眺望山トレッキングの締めくくりとしていつもの東口ではなく,西口から歩くことにしました。

昨年は見なかったヒトリシズカ(一人静)が咲いていました。
例年に比べると群落は小さいので,登山道補修の影響があったのでしょうか。
見ていただきましょう。ヒトリシズカです。

ヒトリシズカ4.JPGヒトリシズカ1.JPGヒトリシズカ2.JPGヒトリシズカ3.JPGヒトリシズカ5.JPG

東口登山道の頂上近くにフタリシズカ(二人静)があります。
東口は二人静,西口は一人静,どうしたものでしょう。

ヒメホテイランが終わり,山歩きの方がめっきり減りました。
眺望山は,ツバメオモトが盛期を迎えます。

ツバメオモト1.JPGツバメオモト2.JPG

今日は仕事の予約がないので,眺望山の近くを歩いてみましょうか?


nice!(0)  コメント(0) 

ギンリョウソウ2018.9.2 [花とトレッキング]

雨が上がりました。
もう9月になりました。
ニッパチと言われるように,2月と8月は仕事が暇な時期と言われていますが,当事務所も8月中は暇な日が続いておりました。
あにはからんや,下旬は仕事に追われ,その余波で昨日の土曜も仕事をしていました。

毎週のように土曜は眺望山と決めていましたが,今週は変更し,今日日曜にしました。

朝から晴天,そんなに気温も高くなく,気持ちの良い山歩き日和でした。
キノコ名人と再会し,山の花の情報を教えてもらいました。

2週間ほど前からギンリョウソウの姿が見えていましたが,丈が伸び,成長した姿を現しました。

ギンリョウソウ1.JPGギンリョウソウ2.JPGギンリョウソウ3.JPG

以前,私の写真を見た方が「ギンリョウソウモドキ」ではないかとご指摘いただきましたが,植物分類に知識がないもので,ギンリョウソウもモドキも一緒にギンリョウソウとして紹介させていただいています。お笑いください。

葉緑素を持たない植物で,見ようによってはキノコかなと思いますが,今の時期になると,そろそろ出るのではないかと,待ちわびる気持ちがあります。











nice!(0)  コメント(0) 

ミヤマウズラ [花とトレッキング]

お盆が過ぎ,青森は大分涼しくなりました。
土曜朝の眺望山トレッキングは,登山道入り口の気温19度,アブも少なくなりました。
汗だくになることもなく年寄の運動にには良い季節です。

眺望山の夏の花,ミヤマウズラ(深山鶉)が最盛期です。
花の形が小鳥のくちばしのように見える蘭の仲間。

ミヤマウズラ1.JPGミヤマウズラ2.JPG

マルバフユイチゴの赤い実が,濃い緑の中に美しい。甘くて酸っぱい。
マルバフユイチゴ1.JPGマルバフユイチゴ2.JPG

鉄人と一緒の下山途中,キノコ名人が上ってきた。
9月になるとキノコだよと言って上って行った。


nice!(0)  コメント(0) 

イチヤクソウ2018.7.14 [花とトレッキング]

今日から3連休。毎日曇り空,そして雨という日が続いていましたが,やっと青空が見えました。
東北南部は梅雨明けだそうで,この分なら,わが青森も梅雨明け間近か?そのような気分にさせる今日の青空でした。

明日から3日間大事な用事で旅に出るのですが,この天気では旅の前に眺望山に行かざるを得ません。
暑くなる前に眺望山を歩こう。

朝8時過ぎ,既に25度でした。
前日までの雨のせいで,登山道は濡れていましたが,夏ゼミの合唱は始まっていました。

イチヤクソウをカメラに収めながら進むと,前方に鉄人の姿,彼もイチヤクソウを眺めていました。

イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPG

日差しはあるものの,樹間を歩くと陸奥湾から吹く風は心地よい。
これ以上暑くならなければよいが,しかし,これから夏本番,そうはならないでしょう。
いつものとおり,コーヒーを淹れ,ミニ羊羹でコーヒータイム。
蝉の声を聴きながら,山を下りました。

明日から,3日ほど当ブログを休みます。


nice!(0)  コメント(0) 

眺望山2018.7.8 [花とトレッキング]

全国的に豪雨の被害が報道されていますが,青森市も雨が続いています。
そして,気温も低く,エアコンを利用することもありません。豪雨被害の西日本の方々にお見舞い申し上げます。一日も早い回復を祈ります。

土曜は強い雨だったので,いつもの眺望山トレッキングをあきらめ,今日日曜,雨は降らないと踏ん切りをつけ洋傘をストック代わりに歩き出しました。
駐車場には私以外の車はなく,濡れた山道の一人旅です。

今頃の眺望山は,花の少ない時期,しかし,イチヤクソウはあちらこちらに咲いています。
眺望山では,まず,ベニバナイチヤクソウが花を見せ,次にジンヨウイチヤクソウ,そして,イチヤクソウと,私たちを楽しませてくれます。
イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPG


イチヤクソウが”こんにちは”と呼び掛けているような。
イチヤクソウ3.JPGイチヤクソウ4.JPG


登山道わきのツルリンドウが既に蕾をつけています。
ツルリンドウ.JPG


今日は鉄人が来ていなかったので,コーヒータイムなしに早く下山しました。
いつも会う鉄人に合わないと少し寂しい気がします。
私よりも一回り年上の先輩から,エネルギーを頂戴しているのです。

梅雨明けが待ち遠しい。



nice!(0)  コメント(0) 

眺望山,萱野平2018.5.2 [花とトレッキング]

月日は早い。もう6月になりました。久しぶりの晴天にいつもより心持はやく自宅を出ました。

まず眺望山。緑は濃くなり,間もなく梅雨です。

頂上では鉄人が休憩しておりました。
いつものとおり,お湯を沸かしてドリップコーヒー,糖分補給のミニ羊羹(今日は虎屋にしました。)汗をかいた後の羊羹とコーヒーはうまい。

ベニバナイチヤクソウは,先週少し蕾がありましたが,その蕾はすっかり開きました。

ベニバナイチヤクソウ.JPG

イチヤクソウの群落は大分つぼみが大きくなってきました。2,3週間で咲くかな?
イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPG

鉄人と一緒に山を下りて,まだお昼前,午後は萱野高原に出かけようかなと思っていた矢先,宮城県登米市の友人五竜さんから電話があり,午後2時頃,車で新青森駅に来るという。そして,知人を乗せて十和田湖に行くのだそうです。
十和田湖に行くのであれば,途中の田代平入口まで見送りましょうということになりました。
そのようなことで当初の計画通り,萱野高原で見たかった花三種をカメラに収めることができました。

フデリンドウ(筆竜胆)
いつもたくさん見ることができる眺望山では,今年はほとんど見えませんでした。
小さな可憐な花が咲いていました。
フデリンドウ1.JPGフデリンドウ2.JPG

スミレ
山で目にするスミレサイシンやタチツボスミレではない,普通のスミレです。
眺望山でも珍しく,里でも目にすることはありませんが,萱野高原ではたくさん見ることができます。濃い紫に魅かれます。
スミレ.JPG

アズマギク(東菊)
昔は野山にたくさん咲いていたそうですが,私の知る限り,萱野高原以外に群落はありません。
眺望山には少し,岩木山八合目の道路脇に少しあります。岩木山ではほかにもあるかもしれません。
日が陰ってきていましたが,薄紫の花びらを陽光が透かしているように見えました。
アズマギク.JPG


久しぶりに友人に会い,田代平への分かれ道「火箱沢林道」で見送りましたが,エゾハルセミがうるさいくらいの大合唱でした。
初夏の音です。





nice!(0)  コメント(0) 

イチヤクソウ開花 [花とトレッキング]

今日は週の真ん中,午前中に仕事が片付き,昼から眺望山に出かけました。
曇っていましたが,雨の確率は低いので,軽装で歩き始めました。

おそらくベニバナイチヤクソウは終わりかなと思っていたら,前回,蕾が残っていた花の軸すべてが開花し,散らずに残っていました。

ベニバナイチヤクソウ1.JPG
ベニバナイチヤクソウ2.JPGベニバナイチヤクソウ3.JPG

すぐそばにイチヤクソウの群落がありますが,こちらも開花が始まりました。
イチヤクソウ1.JPGイチヤクソウ2.JPGイチヤクソウ3.JPG

ギンランもまだ健在です。その一株です。
IMG_0565.JPG

4週間ほど前,西口登山道の6合目近くにヒトリシズカがたくさん咲いていましたが,東口からの頂上近く,フタリシズカが蕾を見せています。ヒトリシズカは堂々としていますが,フタリシズカはひっそりと控えめ,もう少し成熟します。
フタリシズカ.JPG


仕事が暇な時は,仕事に影響のないように,体を鍛えると称して山を歩いています。


nice!(0)  コメント(0) 

眺望山2017.6.3 [花とトレッキング]

昨日は仙台で本業の東北ブロック会議があり,仙台出張でした。
お昼は,midoriさんからフランス料理の食事をいただきました。美味しい食事でした。ごちそうさまでした。

会議の後,お酒を飲んで青森に帰りましたが,土曜日はトレッキングが予定のコース,出かけました。少し頭がボーっとしておりましたが、予定のコースを抜くわけにはいきません。

出かける前に,裏庭の花二つ。
まず,ヤマボウシ(山法師)です。花も実も上を向いています。秋にピンクの実をつけ,ほのかに甘く小鳥も寄ってきます。
ヤマボウシ1.JPGヤマボウシ2.JPGヤマボウシ3.JPGヤマボウシ4.JPG

ハマナスの実を植えた後,ハマナスが生えてきて花が咲きました。強い芳香があります。
ハマナス.JPG

山はどんより曇り,今にも降りそうだったので,傘をストック代わりに歩き始めました。

今日もフデリンドウは花を閉じており,会えませんでしたが,ギンランは,まだ花をつけておりました。

ギンラン1.JPGギンラン2.JPG

ベニバナイチヤクソウは,蕾から花へ,間もなく終期でしょう。楽しませてくれました。
ベニバナイチヤクソウ1.JPGベニバナイチヤクソウ2.JPGベニバナイチヤクソウ3.JPGベニバナイチヤクソウ4.JPG

ジンヨウイチヤクソウ
まだ開花前です。玉のような蕾が少し膨らんだかな。
ジンヨウイチヤクソウ.JPG
茎の根元に葉が見えていますが,葉の形が腎臓に似てるからついた名だそうですが,腎臓を見たことがないのでわかりませんが,命名者は医者でしょうか?

すぐそばにイチヤクソウの群落がありますが,開花までにはしばらくかかりそうです。
イチヤクソウ.JPG
眺望山は,イチヤクソウがたくさん見られます。

山中では,人と会うことはありませんでした。山頂で休憩し,今日は西口に下りることにしました。
西口登山口まで30分,そこから東口駐車場まで30分,雨に降られることもなく,いつもよりも3,40分多く歩きました。
気分爽快!



nice!(0)  コメント(0) 

眺望山2017.5.31 [花とトレッキング]

5月最後の日,午前中で仕事を切り上げ,午後,眺望山に出かけることにしました。
ここ4,5日はカラッと晴れた日が少なく,今日も日中小雨があるとの予報でした。
曇り空,果たして雨があるのかと思いつつ,登山口から傘をストック代わりに上り始めました。

ポツリポツリ降り始めました。傘をさして上るなか,登山道の両側に白い小さな見覚えのある花が目につきました。ギンランです。
頂上に着くまで登山道の両側に5,6株,頂上を過ぎた高台に2株,時期になればその季節の花を見ることができ満足です。

ギンラン1.JPGギンラン2.JPG

先日upしたベニバナイチヤクソウは,さらにつぼみが開花しました。
週末来てもまだ花は持ちそうです。
ベニバナイチヤクソウ1.JPGベニバナイチヤクソウ2.JPGベニバナイチヤクソウ3.JPG

途中,弱い雨が何度か降りましたが,仕事を切り上げて午後からの山も花を見て満足しました。
事務所に帰ると,月曜に申請していた法人の登記が完了していたので,4時半頃法務局に行き,これで5月中の仕事はすべて完了です。

仕事はほどほどに,遊びもほどほどにといつも言っておりますが,5月の締めくくりその通りになりました。今後もこのようになれば幸いです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 花とトレッキング ブログトップ